雑想庵




(2000年10月10日開設)

当庵は、見たり・読んだり・聞いたりした色々なものについて考えたことを
つらつらと書いたウェブサイトです。
2018年5月13日更新<見聞録>)

Amazon.co.jp アソシエイト
(なお、文中の書籍にリンクを張っている場合、著者名・タイトル・書誌事項・巻数などのすべてがリンク内に含めてあるときはAmazonへのリンクを、書誌事項などを表記せずタイトルのみにリンクを張っている場合には当サイトの本文中へのリンクをそれぞれ意味します。ご注意下さい)

(当サイトで、どのような本がクリックされているかをまとめたものはこちら


本日の呟き(2月19日) (バックナンバーへ

【経済インサイド】「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑livedoor NEWS
 一太郎をインストールしているパソコンが減っているのは仕方がないとしても、一太郎ビューアだけはインストールしてほしいなあ。それも無理な願いなのかも…。
*

「今のハンブルクは『たけし城』のよう…」元ドイツ代表GKの古豪批判が現地で話題に!サッカーダイジェストWeb
 40代以上にしか伝わらないたとえを、ドイツ人が使っているのがこわい。
*

当庵の覚書(2008年3月更新)
  最初にお読みください。

見聞録の書斎(5月13日更新) (追記の更新目録はココ
  本・マンガ・テレビなどから考えたことを書いています(最近のものはこのページの下にあります)。
  Googleによるサイト内検索も、こちらに置いてあります。

雑文の文書庫
  今までに書いた雑文が収められています。

団欒の食堂
  お笑いネタやしょうもない話が置かれています。

出会いの玄関
  リンクです。

郵便ポスト
  ご意見・ご感想などがあれば送って下さい。

 当サイトへは、ご自由にリンクをお張り下さい。
 なお、当サイトに掲載されている文章の著作権は制作者にありますので、典拠を明示しない無断転載は禁止させていただきます。Copyright (C) 2000


最近の見聞録


5月13日

 松尾豊『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』(KADOKAWA(角川EPUB選書)、2015年)を読む。これまでの人工知能の歴史をまとめた上で、現在の人工知能がそれまでにない画期的な進展をしている現状を説明する。これまでの人工知能は「世界からどの特徴に注目して情報を取り出すべきか」に関して、人間の手を借りねばならなかった。これに対して現在の人工知能はディープラーニングによって、注目すべき情報を自ら選べるようになっている。たとえばいかなる手書きの「3」であってもそれを「3」であると認識させるためには、ある手書きの「3」の画像を入力すると同時に正解としても同じものを示す。そうすると、正解である特徴を最小限で示せるように圧縮した特徴をまとめさせる。そして、同じような作業をその特徴に関して行うということを繰り返す。これによって、典型的な「3」の概念をつかませたうえで、それに概念の名前を与えれば少ないサンプル数での学習が可能となる。Googleはこれによって人工知能にネコの顔を認識させるにまで至った。ただし、これでもまだ教師役の人間が必要となる。これに対して、少しだけノイズを加えたデータを与えて同じ作業を行えば、絶対に間違いではない特徴を見つけられるようになっていく。これは、データをもとに何を特徴表現とすべきかを自動的に獲得できる可能性を示している。これが進めば言語理解と自動翻訳ができて、さらには知識の獲得すら自らできるようになりうる。
 ただし、人工知能は人間と同じような考え方をするわけではない。人間が特徴として捉える物とはまったく異なった特徴をつかむかもしれない。たとえば赤外線や紫外線、超音波などである。これを読んだときに思ったのは、やはり『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』(リンクはブルーレイディスク)のタチコマであった。AIがゴーストを獲得できるかというのが1つのテーマであったが、人間とはまったく違った道筋を通りつつも、ゴーストを獲得しうるというのは実際には難しいのだろうな、と思う。それはともかくとして、さらに終章を読めば、今後は人間の仕事の大部分に人工知能が活用されていくのは間違いないと思われる。それを活用するのが大事であるとは言え、これまでとは異なったレベルで仕事を奪われて収入がなくなる、という問題に対処する必要がある気がする。人工知能と機械に仕事を任せて、人間は楽に暮らせるようになったとすれば、それはまったく働く気がないというレベルのニートと実質的には変わらないようにも感じる。そうなったときどのように暮らすのかがこれからは問われるのかもしれない。
 以下メモ的に。著者は2002年の研究費の審査での面接にて、「人工知能研究者は、いつもそうやって嘘をつく」と言われたという。このころは人工知能の研究がやや下火になっていた時代だった(4頁)。ちなみに、この審査は具体的に何の審査か分からないのだが、東大の人間でもこのようなことを言われるのは少し驚きではある(もしかすると東大内の研究費かもしれないが)。
 アメリカのAP通信社は、企業の決算報告についての記事を書かせる人工知能を2014年に導入した。150~300字ほどの記事のようだが、人間の記者が書いていたときは四半期あたり300本の配信だったが、同じ期間で4400本の記事を配信できるそうである(25頁)。
 1964年に開発されたELIZAという対話システムは、コンピュータと人がテキストデータをやりとりして対話しているかにように見えるシステムであった。その言葉は人間の言葉について聞き返したりする単純なものであったが、人間が「単純なルールで記述された言葉でも、そこに知性があると感じてしまうらしい」(86頁)。これを見て思い出したのは、ルイーズ・バレット『野性の知能 裸の脳から、身体・環境とのつながりへ』であった。あちらの項では触れていないが、先に述べたタチコマのことも、この本のテーマに関わる気がする。
*

5月3日

 村上由美子『武器としての人口減社会 国際比較統計でわかる日本の強さ』光文社(光文社新書)、2016年)を読む。OECDの統計資料に基づけば、日本人は労働生産性、睡眠時間、女性活躍推進、起業家精神などで良くない数値となっている。しかし日本は、OECDによる生徒の学習到達度調査で好成績を収めている点で、人材のストックはあるので、それを有効に活用していない点に問題があるとする。実際に、OECDによる「いま就いている仕事で必要と考えられる学歴よりも自分の最終学歴の方が高い」と感じている労働者の割合は日本が最も高く30%を超えている(56頁)。
 せっかくの高等教育での知識が日本における転職や起業の少なさによって活かされておらず、アメリカがその点で先をいっているのも間違いない。ただしアメリカには失敗してしまっている者も多いとは思う。何も、著者の主張を批判したいのではなくて、アメリカのメリットも日本のメリットもちょっとした状況の変化でデメリットに変わったり、または不利だった国が有利になるということにすぎない。本書では、中小企業に対する政府の借入保証が日本ではGDP費で5.68%であり、1%を切る他の国々(たとえばアメリカは0.14%)よりも高い点を、生産性の低い起業が市場から退出せず産業の再編成が遅れるとしている(166~168頁)。しかしながら、ベンチャー企業以外の中小企業(たとえば町工場レベルの生産業)のなかにもイノベーションを行ってい事例が日本には少なからずあるのは、よく指摘されている。現在の事例としては、関満博『地域を豊かにする働き方 被災地復興から見えてきたこと』にも紹介されている。
 問題となるのは、そうした先を読むことが、個人の成功例に留めずに全体に及ぼすための具体的な方策を考えるのが難しいということなのであろう。吉川洋『人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長』にも書いたが、具体案を出すのはやはり難しいものなのだと思う。
*

このページのトップに戻る  過去の見聞録へ



便利な商品コーナー

かつて、「茶の間の呟き」で紹介したことのある商品の中から、
個人的に使い勝手のいい物をピックアップしています。

SX-CL02MSV (2009年5月7日)
 ノートパソコンの背面下部に置いてUSBにつなぐと風を送ってくれて、ノートパソコンの底面を冷やしてくれる(なお、バスパワータイプのUSBハブにつないでも作動してくれている)。これはかなり劇的な効果があるので、パソコンの熱さにお悩みの方は是非。なお、これはB5サイズ用で、A4サイズ用はSX-CL03MSVになる。


ブックストッパー (2009年5月7日)
 洗濯ばさみに分銅のようなおもりが付いたようなもので、見た目はかなりショボイのだが、本の両端にはさんでおけば、常に見開き状態にすることができる。文庫や新書、ペーパーバックなどを見ながらパソコンに情報を打ち込むのに便利。2つ一緒に用いないと使いづらいので、買うならば2つ一緒に。


桐灰カイロ 上からはるくつ下用 5足入 (2014年2月25日)
 靴下の裏から貼るカイロだと、冷たくなったときに硬くなってしまい、歩いていると足の裏が痛くなってしまうのだが、上から張るのだとそうならくて便利。


このページのトップに戻る  過去の見聞録へ