八 島 正 明  展
2009年115日(木)〜15日()
10時〜6時<10日火曜 休>最終日4時まで

確かなものを求めて生きてきたのに、
はかなく あやうい幻影で人生は囲まれているようだ。
八島先生が 生涯をかけて描いてこられた人間の命の深いつながりと長い時間。
布に映る花影や長い影を伴う子供のうしろ姿を描いた油彩画20点と
身近な風景を題材にしたペン画10数点の発表です。
じっくりご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。


「花を抱く女」油彩画50号 2009年作


「駄菓子屋」 ペン画 2009年作

つれづれ日記「自分で扉を開けて、みる絵」 に戻る


トップページに戻る      展覧会案内に戻る