織部 曽根 芳之 展
2009年123日(木)〜13日(

10時〜6時<火曜日定休>最終日4時迄

曽根先生の仕事をみていると 美濃の地に生まれた運命と喜びを感じる。
織部焼を深く追求する日々に限りがない。 今年も伝統と現代の接点を
表現する展覧となります。 織部の茶碗、花入、鉢、器とおめでたい絵柄
や干支を題材にした作品も含め約80点の出品です。 ご期待下さい。


略歴:1951 土岐市に生まれる
1973 美濃古陶の研究を始める。築窯 1992 山画廊で個展(以降14回)
2002 鎌倉建長寺創建750年記念にあたり香炉制作
日本各地の百貨店、画廊で個展多数開催

  
「織部透かし鉢」径27,0×高7,5cm     「織部花入」10,5×15,0×高23,5cm
  
「黒織部茶碗」径13,0×高9,3cm      「織部俎板皿」51,5×20,8×高6,7cm


トップページに戻る      展覧会案内に戻る