もどる

WATN レポート平成16年1月1日号より
顔 watnレポートタイトル
とっても近所に本物の鉱泉の温泉、しかも露天風呂もありました。
天然鉱泉 千年温泉」
http://www.geocities.jp/chitosenoyu/index.html
画面1 川崎駅から立川まで川崎市を縦断しているJR南武線。その中ほどに私の住んでいる武蔵新城駅があります。その武蔵新城駅からのんびり歩いて10分ほどの所は静かな住宅街。その中に外から見ると普通の「銭湯」ですが、実は神奈川県も認定している本物の鉱泉の温泉があったのです。しかも露天風呂となるとたまりません。
歴史はなんと昭和53年10月に井戸を掘っていて温泉にぶち当たったという偶然発見したということでした。そして沸き出たお湯を温泉研究所に持ち込み分析したところアルカリ性の重曹泉であり神奈川県の温泉浴用認可を受けたのです。
画面2 さあ、左の写真を見て下さい。ご主人に無理を言って露天風呂を撮らせていただきました。
箱根の露天風呂?と思うような贅沢な広さは約15畳。露天風呂は約3畳で5〜6人は入れます。そしてなんと中庭も作られて火照った体を冷やすのものんびりです。
こんな空間がこの住宅地のど真ん中にあるなんて信じられないです。
画面3 写真では柱しか見えませんが、湯槽の上には東屋風の屋根があり雨でもいい感じで入れるのです。
特に昼間から入ると日差しがまぶしく気持ちよ〜くもう極楽ですね。
温泉は黒湯です。スケールを入れてみると10cmぐらいでもう見えません。始めはちょっと入るのに勇気がいるかもしれませんが、一度入ると体が暖まる感じと皮膚からいろいろな成分がしみ込んでいるなあと気持ち良いこと。もうとりこになってしまいます。
温度は40〜41度でのんびり入るのに適しています。(開店時は熱いのでご注意ください。)

画面4 ここの湯槽は露天風呂だけではありません。内湯は黒湯があり、ジェットバスあり、備長炭風呂あり、超音波風呂あり、サウナと水風呂があります。そして懐かしい湯槽の壁画がなんとも言えない歴史を語っています。
洗い場も銭湯のそれですが、一人一人にシャワーが付いているのでうれしいです。
女湯も同じ大きさですので女性にもうれしいですね。

画面5 順番が逆になりましたが、入り口にはげた箱。そして木製の自動ドアを入るとこのロビーです。待ちあわせにも退屈しないようにテレビもあり。。?お〜!42インチのビクターのプラズマテレビです。しかもソファーもいい感じでのんびりできる場所がここにもありました。ロビーには缶ビールなどの自販機もあるし、なんとおつまみも販売しています。何時間も居ちゃうかもですね。

画面6
ここにずっといたいそんなあなたにはびっくりするようなサービスがありました。
ここの2階になんと「パブ?」と思わせるようなカラオケセットが設備されているのです。舞台もあって客席スペースもあり、約60畳はあるんです。しかもカラオケ1曲100円で歌い放題。「飲み物は下の自販機で買ってください」とありましたが、食べ物の持ち込みもOK、出前もOKだと言うことです。こんな極楽ありなんです。
この千年温泉はご夫婦で仲良く運営しています。そしてお客さまも自分たちの温泉として大事に使用しています。昔からの常連さんも多く、開店が1時30分なのに15分前には20人ほど並んで待っていました。車で遠くから来る人も多いと聞いています。私も時間がある時はのんびり体と心をリフレッシュに来ようと思っています。
千年温泉のHPはここから行けます。

<千年温泉にかかっている看板に書いてありました。>
●千年温泉は地下百数十メートルより湧出する天然鉱泉です。
●泉質は、穏和低張性冷鉱泉(アルカリ泉)で厳重な水質検査に合格し療養泉としての泉質を神奈川県知事(温泉法第125号11条の規定)により認可されています。
●浴用適応症
神経痛リューマチ性疾患・冷え性・創傷及び火傷云うまでもなく温泉は飲用すれば消化器から入浴すれば皮膚から体内に吸収されてさまざまな素晴らしい効果を挙げると言われております。
●近年リハビリティションに盛んに温泉が広く利用されているのもこれらが医学的に立証されているからです。
名称千年温泉
所在地神奈川県川崎市高津区千年新町20-4
電話044-766-6240
駐車場有・10台(ご利用時はフロントへ申し出てください)
営業時間平日13:30〜24:30 日休日11:00〜23:30
休業日毎週金曜日
料金入浴:400円、サウナ:200円、石鹸:30円、シャンプー:30円

<交通>
画面7 武蔵新城駅まえのUFJ銀行の右の道を入り、まっすぐ行きます。
   ↓
そして徒歩7分
   ↓
画面7 その道が5差路にあたったら右側のガソリンスタンドの斜めの道を入ります。
100mぐらいで右側に「千年温泉」の看板が見えてきます。



 
もどる


渡辺芳夫 (watn@fo.freeserve.ne.jp)