久野氏の出自

久野氏は渡来系豪族秦氏の末裔を称し、駿河国久能(現在の静岡市  根古屋、安居付近)を名字の地とする武士だったようです。 静岡県立中央図書館蔵の『入江氏系譜』酒井貞次著によれば、久能館は有度山南麓の谷間の有度郡久能(現静岡市北久能)にあったとされていますから、根古屋と安居の間を流れる柳沢の上流域に館があったということでしょう。 古くは、古代寺院の久能寺を建立したとされる秦久能(はたのひさ よし)を先祖神として祭っていたとも言われています。 久能寺は戦国時代に武田氏によって久能山の地を追われ、その跡地 には久能城(久能山城、久能寺城、久野城とも)が築かれ、その後徳川氏によって久能山東照宮が建てられました。久能山東照宮の末社には非公開の久能神社が久能城二の丸址にあり、今でも秦久能が祭られているそうです。 地名の久能(くのう)は久野とも表記され、久野は当初「くのう」 と呼ばれていたようです。従って名字も江戸時代の頃まで久野と久能 が混用されていたようです。この久野氏は藤原雄友(753-811)より藤原姓を賜 ったとされ、『尊卑分脈』に登場する藤原南家為憲流久野氏(初代 は忠宗)も、この久野氏の養子になったのではないかと想像さ れます。久野氏は代々今川氏の家臣で、戦国時代に遠江国の久野城、 別名蔵王城(初代城主は久野宗隆。現在の袋井市鷲巣に城址がある) を本拠にしていた久野氏は駿河国からの分かれのようです。


備考:『尊卑分脈』には藤原南家為憲流久野氏として、忠宗ー清宗 の父子しか出てきません。また忠宗の父原宗仲を久野宗仲(初見資料 は江戸時代に読み物として成立した鎌倉武鑑か?)とする系図にお目 にかかることもありますが、宗仲の武勇とそれに伴い遠江国久野の地を給され、以後久野氏を称するようになったとする話はあまりにも根拠に乏しく、現時点信用できません。同様に『浅羽本久野氏系図』で宗仲「遠州久野居住 号久野六郎 法名雲外軒」と書かれていることや戦国時代末期から袋井市域で久野氏が神主をしていたことなどを根拠に、久野氏の久努国造末裔説を主張する向きもありますが、久野氏の家伝には見られず、また伝承の類も一切無いことから立証し難いといわなければなりません。


なお、久野と書いて「ひさの」と読む氏は播磨国揖東郡久野村を名字 の地とする武士で、赤松氏の庶流であったとする説(『黒田如水と二十五騎』)もありますが、『赤松盛衰記』には何ら記載がなく真偽の程は不明です。


ページ先頭へ
Home