特設記事    東北林道紀行2004

今年の夏休みは九州の実家ではなく、10何年ぶりに東北の林道巡りへ出かけた。久しぶりに長いオフロードを景色と自然を楽しみながらゆっくりと走った。ここでは、その時の模様を簡単に紹介。




道前田山線の起点にある作業小屋


道前田山線 ブナ林の林間コース


道前田山線 明るい緑のトンネル


道前田山線 部分的にはガレているが、ほとんどはフラットダートで走りやすい


道前田山線 無名の峠にて


道前田山線 草木の枝の張り出しが夏らしい


道前田山線 林の中を川が流れている


道前田山線 川のそばのキャンプに良さそうな空き地 ただし、アブが多かった


大摩当線 200m程度の低い山を3つほど越える基幹林道


大摩当線 多少流水クレバスが発生


大摩当線 町界にある林道標識


大摩当線 ところどころ浸食が激しい


大摩当線 天気が良く日差しは夏であったが、風は涼しく空は秋の様相


田代相馬線 田代方起点 もともとは早口線らしい


田代相馬線 川の水は澄みきれいなエメラルド色である


田代相馬線 洞門が連続する区間


田代相馬線 かなり長い峰越林道


田代相馬線 部分的に荒れているところもあるが、程度的には大したことはない


田代相馬線 長慶峠 ここから先は青森県


田代相馬線 青森側の方が道が狭く、荒れが進んでいた


田代相馬線 相馬方入口にて こちらはもともと相馬線らしい


目の前に岩木山が見えた


青森県道28白神ライン 1.5〜2車線ほどもあるフラットダートが続く


青森県道28白神ライン 前方から激しい雨が迫ってきている


赤石川線 青岩展望所 途中から分岐し、赤石川線に入った


青森県道28白神ライン 激しい豪雨のため路面に水が溢れる


青森県道28白神ライン これだけ水が流れてクレバスができると普通の車は通行が大変


青森県道28白神ライン 案内看板はシンプルだが、全長は50km弱もあるロングダート


黄金崎 波と風が強かった


真昼岳線 起点付近の牧草地にて


秋田県道12 黒森峠 仙南村の平野が望める


萱峠線 いかにも交通量が少ないことが草木の張り出しで解る


萱峠線 ここがその原因部分 通過はSWでぎりぎり


R107 錦秋湖スノーシェッド連続区間


南本内線 本屋敷入口 この林道には林道を示す標識類は一切なかった


南本内線 ほぼ1車線の狭い道が続く


南本内線 峠に近づくにつれて道が石だらけになってきた


南本内線 名無しの峠にて


南本内線 右遠方に鳥海山が望めた


仁賀保高原 風力発電風車群


象潟を見下ろす


板谷峠にて

2004.8.26 4AL