上信 旧鹿沢スキー場〜湯の丸山      

山   行   日      2003年03月22日(土)〜03月23日(日)
メ ン バ ー        宇田 二郎   木田 敏   
山 行 形 態       山スキー
記・宇田 二郎


報      告
 旧鹿沢温泉紅葉館に車を置き、今はクローズされている旧鹿沢スキー場からシールを着け、第一ゲレンデをスタートする。雪質はモナカで、滑りのことを考えるとやめたくなる。
 山スキーで湯の丸山に登るにはコースが3つある。1、地蔵峠の湯の丸スキー場からリフトを1回乗り、終点から尾根上を登る。 正面に湯の丸山が見え、登りには一番早く楽。しかし、同ルートを滑らないと車の回収に苦労する。2、旧鹿沢スキー場から角間峠を経由し、尾根上から湯の丸山に至るルート。尾根上で樹間のラッセルが有り、時間ばかり食って登りに不向き。3、旧鹿沢スキー場第一ゲレンデを登り、第二、第三ゲレンデの間にある沢に入り、沢通しまたは林道を登って地蔵峠から上がってくる尾根上部に出る。多くの山スキーヤーは1のコース使用している。
 第一ゲレンデ上部から正面の沢に入り、沢を詰めて林道に出、左手にルートを取ると地蔵峠からの尾根上部に出る。正面にルートを取ると湯の丸山北峰に直接出るが傾斜が強い。クラストした尾根を横滑りしながら斜登高キックターンで登ると北峰下に出、トラバースして南峰とのコルに出る。このトラバースもクラストしており、エッジが抜けて何度か滑落しそうになる。軽く登り返すと南峰で妙高、戸隠が良く見える。南に目を移すと穂高方面は雲の中。湯の丸山の西面は角間渓谷で氷瀑のルートになっている。
 滑走コース3つ有る。1、登りと同じであるが地蔵峠へ向けて尾根上を滑るがクラストしていることが多い。2、南峰から尾根伝いに北に滑り、角間峠から旧鹿沢スキー場第3ゲレンデに滑り込むルート。尾根上は斜滑降ばかりで木も多く面白くない。一般にガイドブックに紹介されているのはこの2つ。3、北峰から北東の沢を滑るルート。南峰から北東尾根を滑るルート。その間を滑るルート。北東尾根の左側は藪が多く、滑走距離も短い。滑走ルートは北東尾根の右に取る。山が小さいためルートの間隔は狭い。しかし、狭い間隔でも藪がかなり違うし、雪質も違う。今回のルートは第一ゲレンデから見ると樹林がV字形にくびれた部分で滑走距離も長い。東に向けて滑り出しす。雪質は良く、気持ちよく滑れる。ルートを北東に取り、V字形の先端を目指す。樹林帯に入ると斜滑降キックターンで滑り、林道に出る。林道を滑って旧第3ゲレンデに出、モナカのゲレンデを半分滑って登ってきた沢に入る。U字形の沢を滑るが、ハーフパイプ状で左は新雪、右はクラストしており、下半身の力を異常に使う。やっと旧第一ゲレンデに出るが、モナカで思うように滑ることができない。ルートを探すとゲレンデの左側が安定しており、樹林帯横を滑ってゲレンデ下に出る。今年の湯の丸山は残雪が多い。3月の気温が低いことが原因だろうが、山スキーヤーに取ってはうれしいことだ。