塩原 高原山鶏頂山
           
記・宇田 二郎 

山   行   日 2003年02月15日(土) 晴れ
メ ン バ ー  宇田二郎  木田 敏(フォーエス同人)
山 行 形 態 山スキー

報  告      
 前夜、下館市の木田宅でお世話になり、朝出発する。
 鶏頂山、釈迦ヶ岳、剣が峰の三山を含む山全体をさして高原山と言う。主峰は釈迦ヶ岳だが鶏頂山が入山に便利なため人気がある。高原山にはバブルの時期をピークに4つのスキー場があったが、現在は2つになっている。今回はクローズしている鶏頂山スキー場からのコースを選んだ。
 塩原と今市を結ぶ国道脇のパーキングスペースにドミンゴを置き、板を履いて出発する。旧鶏頂山スキー場を登り、連絡路から旧メープルヒルスキー場に入る。旧鶏頂山スキー場は全体に傾斜が緩いスキー場だが、旧メープルヒルスキー場も緩い。人気が無かったのも分かる。スキー場最上部から下降し、弁天池を経由して稜線に向かう。傾斜が強いうえ木が多いため左へ左へと迂回しながら斜登高キックターンを繰り返す。稜線直下は更に木が濃いため、今度は、右へ右へと迂回しながら斜登高キックターンを繰り返す。稜線に出ると反対側は火口壁で立っている。右に折れて稜線上から鶏頂山に向かう。かなり急で木が多いため、板はデポしツボ足で進む。雪質はモナカで遅々として進まない。おまけに兼用靴はラッセルしにくい。15:00を目安にラッセルを続けると、あるところを境にラッセルが浅くなり、ピッチが上がる。尾根の傾斜も落ち、鳥居を越すと山頂に達する。
 下降はもぐることも少なく、短時間でデポ地点に到着する。板を履くがシールは外さない。外しても滑れないからだ。木と木の間を狙って斜滑降、キックターンを繰り返す。徐々にシールを着けた滑走に慣れ、樹間も多少広くなったためボーゲンや直滑降で滑る。弁天池からはシールを利かせて登り返し、簡単に旧メープルヒルスキー場に出る。スキー場もアップダウンがあるためシールは外さない。ヒールは開放したまま滑り、登り返す。旧鶏頂山スキー場もシールを外さず滑り、ドミンゴに戻る。
 旧鶏頂山スキー場を滑らず、旧メープルヒルスキー場を滑ればシールを外して滑走ができる。しかし、国道を板を担いで兼用靴で歩かなければならない。エーデルワイススキー場を滑る手もある。どちらにしても山の中は滑れない。山スキーのルートではなく、ワカンのルートとして面白い。

旧鶏頂山スキー場下11:30〜12:35旧メープルヒルスキー場上12:55〜14:00稜線14:05〜15:00鶏頂山15:10〜15:25下降点15:30〜16:00旧メープルヒルスキー場上16:00〜16:20旧鶏頂山スキー場下

尾瀬  戸倉〜富士見峠〜あやめ平

記・宇田 二郎

山   行   日  2003年02月22日(土)〜02月23日(日)
メ ン バ ー   宇田二郎   木田 敏 小林卓夫(フォーエス同人) ロッジ長蔵3名 他5名  計11名
山 行 形 態  山スキー

報 告
通常、ツァーは何処へ行くかを頭に出して募集する。しかし、このツァーは行く先を歌わず募集している。

22日
 戸倉のロッジ長蔵の裏山に登る。今年は積雪がかなり少ない。降っても解けるほうが多いようだ。今日は長蔵側のリーダーによる参加者の技術チェック、道具チェックを受ける。道具は良し。しかし、それは使えるというだけ。新顔の参加者は道具が良い。ところが古参の参加者の道具は使用暦10数年というものが多い。シールは毛が抜け、布という感じ。トップのゴムは切れそう。片方は貼り付けシール、片方は取り付けシール。板のソールは傷だらけ。ビンディングは破損している。兼用靴は破損、割れ、擦り切れ。それでもみんな心は軽い。
 シールを着け登高を開始する。斜登高、直登、トラバース、キックターン、を繰り返し、林道から戸倉スキー場上に出る。多少問題はあるがOKが出る。今度は滑走。スキー場で滑っているため、みんなうまい、早い。しかし圧雪されたスキー場でうまいのは当たり前。新雪、悪雪、クラスト、モナカ。格好は二の次。転ばず滑るのが山スキーだ。

23日
 戸倉スキー場からシールを着け、沢沿いの林道を富士見峠目指して出発する。富士見下からはヘアピンカーブをショートカットして上部の林道に出る。トレースのある林道をしばらく進み、左の沢に入って田代原湿原に出る。通常あやめ平へは左の尾根に取り付くが、今回は右に下降し、林道をしばらく進んでから冬路沢に入る。広い沢の右岸をラッセルで進むが左上を見るとあやめ平から雪庇だ出ており、これを回避するため左岸にルートを取る。危険地帯を抜け、奥の二俣から中間尾根にルートを取り、富士見小屋上に出る。晴れ間と展望が大きく開け、燧ケ岳が正面に見えてくる。そのまま広い尾根を進みあやめ平の一角に出る。
 昼食後同ルートを下降するが雪庇の下に出てしまう。しかし、ルートは修正することなくそのまま滑り、右岸を斜滑降で滑り続けると林道に出、田代原に達する。下降は上りの林道をショートカットし、富士見下へまっすぐ滑り込む。ここからは恐怖の林道滑走が待っており、右側が川の林道をスピードを抑えつつ足を棒にして滑りつづける。音楽が聞こえてくると戸倉スキー場に滑り込んで迎えの車に乗り込む。

23日
戸倉スキー場07:10〜08:30富士見下08:45〜09:30田代原09:45〜10:30冬路沢中間点10:45〜12:00あやめ平12:20〜14:00田代原14:15〜15:00戸倉スキー場