宝台樹スキー場 〜 上州武尊山  
記・宇田二郎

山行日    2003年1月11日(土)
メンバー   L: 宇田二郎  遠藤拓也
山行形式  山スキー

報  告
  今シーズン初滑りのため、リフト待ちの間に2回滑って感覚を取り戻す。やっと動き出したクワッドリフトに乗り、尾根に出る。

 水上高原スキー場から続く尾根との合流まではアップダウンの細い尾根で、時々板を外してピークを越す。稜線との合流下は急で、斜登高、キックターンの繰り返しで越す。稜線上もアップダウンがあり、苦労して越すと避難小屋横のコルに出る。しかし小屋は見つからない。徐々に傾斜が増し、最後は広い雪の急斜面になる。無木立の急斜面は雪崩の危険を感じるが、締まった今日の雪は大丈夫そうだ。しかし、無木立と言う事は雪崩の跡とも言える。斜登行、キックターンでこの急斜面を越すと山頂部下の鎖場で、板をデポし、鎖を頼りに岩場を攀じる。平らな尾根上に出、ラッセルと穴への落ち込みを繰り返し、山頂に立つ。

 風雪の山頂には感動が無く、直ぐ下山する。デポした板を回収し、急斜面を滑走する。新雪は水の上を滑るようで気持ちがいい。樹林帯に入っても新雪は続き、立ち木の少ない側面を中心に滑る。登りは急がと思っていたが、滑走にはちょうど良い。新雪滑走も避難小屋横までで、アップダウンが始まると雪は重くなる。何度も板を外し、担いでピークを越す。スキー場へ戻る尾根の分岐からはまともに滑れるようになるが、足腰の力が落ちているため些細なアップダウンを越すのに時間がかかる。ヘッドランプを出す直前にスキー場のトップに出、月明かりの力を借りて行動する。些細な凹凸にも引っかかり、転倒することもしばしば。圧雪車のサーチライトの力も借り、ナイターゲレンデに出てを滑って車に戻る。

 遠藤氏とは水上で別れ、次の会場、四阿山の集合地、旧鹿沢温泉へ向かう。

コース タイム
10日 東京21:15〜0:50宝台樹スキー場
11日 宝台樹スキー場上9:05〜10:25稜線下10:40〜11:30避難小屋横11:45〜13:35山頂部直下13:45〜14:15山頂14:20〜14:40山頂部直下14:55〜17:30宝台樹スキー場上17:35〜18:00〜22:30旧鹿沢温泉


記・遠藤
武尊山スキー下山しました。頂上まで行けました。よかったです。
@登り
ラッセルはスキーを履いて足首まで。楽々。山頂部は風雪でホワイトアウト気味と時間オーバーから僕は引き返したかったけど、宇田さんの行けるという判断から頂上に立つ。怖かった。
A下山
僕は新雪滑降は初めてだったので感動しました。転んで雪ダルマになっても笑いが止まりませんでした。帰りはやっぱり遅くなり月明かりが照らされる頃スキー場到着。

 宇田さんにはルート取りとキックターンを教えてもらい勉強になりました。ありがとうございます。

宝台樹リフト終点(9:00)〜武尊山(14:15−14:20)〜宝台樹リフト終点(17:35) 天気:曇のち雪時々晴