明星山P6南壁

2003年11月1日〜3日
山想酔人、大前、佐川、磯川

1日:左フェース 山想酔人・佐川、大前・磯川
2日:クイーンズウエイ 山想酔人・磯川・大前
3日:スリースピリッツ(2P目まで) 磯川・大前
     左岩稜(2P目まで) 山想酔人・佐川


クィーンズウェイ
記・山想酔人
1P:V〜W30m弱  ザレ場を約10m右上に上がって、リングボルト2本有るところからスタート。ピン無し、3センチばかりのボサ2本を中間ビレーにし、直上。

2P:10a上20m弱  左のかぶりぎみ凹角約10mが核心。出だしにフレンズをかまし、凹角右側のフェースを登り、ハーケンにクリップ。約2m上にハーケンが見える。そのまま登ると、信用できないハーケンが2本いよいよかぶった凹角、核心に入る。なんとかフレンズをきめ、二度三度とムーブをさぐる。凹角はかぶって、右側に流れており、大変登りづらく、なかなか解決しない。やむをえずもう一個、上にフレンズをセットするも、うまくきまらず。意を決して、そのフレンズをつかんで体を上げようとしたした途端、フレンズがはずれ、右手に残る。落ちる寸前体を右に振り、左手の摩擦と右に振って得た体の摩擦で、墜落をまぬがれる、その状態のまま役にたたなかった右手のフレンズを放し、右手を伸ばしてホールドを探す。あった。第一関節がガッチリ決まるホールド。右手のそのカチと左手のプッシュで体の向きを正対に戻し、左手を右手のカチホールドに添え、両手で一気にクリアー。フレンズがはずれたおかげで、正規のムーブを見つけることができた。10a以上に感じる。立ち上がり、目の上のボルトでクリップ、まだ油断できないX+のスラブを右上4m登る。オンサイトならず、次回は完全フリーでクリアーしたいものだ。

3P:X- 30m  左のかぶっている凹角目指して、2mトラバース。凹角にハーケン1本。凹角の左側エッジを利用して簡単にクリアー。その後はピン少なく、気持ち左上に登る。上部からの落石頻繁。(当たるのは宝くじのみと決めているので、不安なし?)

4・5P:W〜X  思い切りロープを伸ばす。直上から左がらみ、フリースピリッツのルートが左10mくらいにある。(あまり記憶にない。どこからでも行けそう。)5P終了の確保点はロープの長さが足りず、フリースピリッツの確保点となる。正規の確保点は右上10m。そのまま磯川・大前君に正規の確保点に入ってもらう。

6P:X-〜V50m 右スラブをコーナーに沿って10m登り、段傾斜帯に入る。スラブにピン2本のみ。段傾斜帯は、石が累積されており、落石、特にロープでおこす落石注意。上部岩壁に沿ってそーっと歩く。1本のピンと細い潅木が中間ピン。

7P:V 30m  左段差を登る。上部岩場下潅木で確保。

8P:X〜X+30m これより上部岩壁、磯川絶好調により、オールリードで攀じる。10m直上し、右上へ、への字ハングをめざす。ハーケン少なく、今後フレンズを多用。

9P:X+ 20m  への字ハングを攀じる。かぶりぎみの凹角。

10P:Y(5.9)20m ルート図ではかぶったフェースとあり、上に白い残置スリングがあったが、左側のかぶりぎみの凹角を攀じり、上から右上した方が自然と考え、そのルートを指示。まったくの不正解。全てナチュプロでむずかしい。(5.9は十分にある。)顕著な凹角下で確保。

11P:X-〜W20m 顕著な凹角(X-)を5m攀じり潅木帯へ。

12P:V 30m  左の稜をめざす。(ロープ解除も可能)

稜に上がり、ロープをはずし、約30m左トラバースし、下約50mに見える立木目指し、立木を見て右側から歩いて下降。その立木は、左岩稜などの終了点で、その後は赤布を目当てに、右がらみに下降。ルンゼ2本くらい横切り涸れ沢に出れば、あと数分下降で、スバラシク美味しい水が流れる場所に出る。そこから10mで歩道。

ルート感
  フリースピリッツも同様だが、ルートファインディングは難しく、ピンをあてにした登攀ではない。事前によくルートを研究してから取り付くルートで、ナチュプロをセットできる技術がなければいけないし、目の前のルーティングに自信を持ち、謙虚な気持ちと攻撃的強い気持ちを持って攀じなければいけない。そんなルートである。(フレンズは3番以下で、マイクロ系も結構使用する。)

P6南壁は、大変味のあるルートが多くあり、いつの日か、みんなで、集中登攀を実行してみたいと思わせる壁である。


記・佐川
  2日目の「クイーンズウエイ」では10aのプレッシャーに負けて1ピッチだけ登り降りてしまいました。その日は対岸の車道から登ってゆく3人をずーっと眺めていました。磯川さんが上部オールリードをしていて、大西さんとは違った「かっこよさ」をみせてくれました。左岩稜は雨の為、2ピッチしか登れませんでしたがリードさせてもらい、すこーし自信がついてきました。山想酔人さん・磯川さん・大前さんお疲れ様でした。楽しかったです。明星山ほんとに良いとこだったので、もっといろいろ話したいのですがまた今度。