リカンカブール火山5916

ボリビア、チリ国境 2004/7/3 三堀
記・三堀
  

 リカンカブール火山は南米アタカマ高地、ボリビアとチリの国境上にある。この地域は高地乾燥火山帯で、いくつものコニーデ型火山と砂漠、塩湖が4000m以上の場所にある。その風景は地球という星の姿そのものの迫力がある。

 リカンカブールがその地域の最高峰というわけではない。他に6000mを越えるピークはいくつかあるが、今回の旅のメインがウユニ〜ラグーナ・ルートという自転車バリエーションの名クラシックルートを走破することにあり、そのルート上にある最も目立つ火山だったため、自然と登ってみようという案が浮かんだのだった。

 ボリビアのウユニの町から六日かけ、ラグーナ・ベルデ南湖畔へ至る。標高は4350mで、ここから5916mの山頂を一日で往復する。ちょうど富士山の五合目から山頂の往復と同じ標高差だが、高度がずっと高い分富士山より困難になろうことは予想できた。自転車での旅の間は、それだけで充分ハードで、山を登る余力があるとも感じられなかったが、実際の山を目の前にした時、「登れそうだ」と思った。

 穴が開いてぺしゃんこのエアマットの上で眠れない夜を過ごし、午前315分起床。無風で晴れ、明るい月が出ている。本当に驚いたが、前日、リカンカブール火山に登ろうという世界一周中のサイクリストがやって来ていた。日本人で中西氏という。彼はその前の日、フランス人の旅人と麓のガイドを雇って登ろうとしたが、天候が悪く、5400m付近で引き返してきた。登頂へのこだわりから、もう一度、一人で登りに来たのだ。それで自然と一緒に出発しようということになった。

 4時5分、出発。月明かりに浮かぶリカンカブールにそうプレッシャーは感じない。中西氏と話しながら歩くが、すでに呼吸が苦しい。初めは湖畔から緩やかに伸びるアプローチ道を進み、やがて左隣のフリケス峰とのコル下にある堆積丘の切れ込みへと吸い込まれるように登って行く。丘を登り抜け、右にあるリカンカブールへと徐々に急になる斜面を真っ直ぐに登る。左には石積みのインカの遺跡があるというが、暗くて見えない。トレースは正面右の尾根状部を登っているはずだが、どこに踏み跡があるか分からず、それと思われる方向へ真っ直ぐ歩いた。浮石で歩きにくいエリアを斜断してゆくと、やがて尾根状のトレースらしき踏み跡を見つけた。それをそのまま上部へと辿る。月はリカンカブールの山頂の向こうへ姿を隠し、更に暗くなる。

 前日までに降った雪が、ところどころ吹き溜まりになり、足首上までもぐることもある。トレースを外れると、浮石で非常に歩きにくく、消耗が激しい。火山礫の堆積ルートのため、ガレ場になっているのだ。高所ということもあり、進度は悪く、面白くもない登りを我慢してひたすら上を目指す。

 やがて日の出を迎える。ラグーナ・ベルデのある盆地には一面雲海。方々の山々が美しく広がって見える。火山は高度をかせぐほど景色がひらけるという良さはあるが、登り自体は単調極まりない。所々、数個の石を積んだケルンがあるが、あまりあてにならず、雪の下に隠れたトレースらしきところ、平らっぽいところをよく探しながらジグザクに登る。それでも大きな浮石に足下が崩れたり、砂利に力を吸い取られ、容易にはいかない。

 8時過ぎ、5300m辺りにあるインカの石積みを通過。思ったより時間がかかっているが、中西氏の「まあ、じっくり行きましょう」という言葉に励まされる。

 じっくり行くと徐々にスカイラインも近づいてくる。数歩行っては止まって呼吸を整えるという、完全な高所歩行になっているが、スカイラインが手の届くところまで来た。この頃から中西氏は遅れだすが、自分のペースを崩すのもまた億劫で、先行していった。 

 真上にある岩のピークをどちらへ巻くか迷ったが、左のコルになっている方へ抜けられそうで、そちらへ左上する。ようやくスカイラインへ登り抜けることができた。しかしピークは見えず、右手の丘を越えなければならないようだ。一服したいところだが、様子見にもう少し丘を登ってみる。平らな広い場所があり、上に三つのピークが見えた。雪のラインが、真ん中のピークへとジグザグに登っており、それが頂上へのトレースのようだ。しかしまだまだ遠く、長い道のりに見える。

 しかし行く。諦めるべき理由はない。

 平らな場所を横断し、徐々に急になるつづら折りの雪道を登る。傾斜は見た目以上にきつく、角ごとに立ち止まって呼吸を整える。それでも苦しい。雪は足首くらいまでだが、その下はぐずぐずのザレで、蟻地獄の登り。それでも一歩進めば、確実に一歩は最高点に近付いているのだ。

 急なつづら折りをクリアすると緩やかになり、荒い呼吸で少し進むと、それが山頂お鉢の一部であることが分かった。右奥に石積みと、左隣にエビのシッポの付いた木杭が見え、そいつが最高点のようだ。

 11時登頂。登りに6時間55分を要した。

 山頂からは惑星的な荒漠とした大地と、無数の火山、湖がボリビア、チリ、アルゼンチンにまたがって広がっている。途方もないアルティプラーノ(高地)の広がり、赤茶の大地。この色はアンデスの大平を成すイメージだ。リカンカブールには火口湖があり、それは世界最高所の湖とも言われている。写真を撮り10分余りで下降に移る。

 直下の急なザレで中西氏とすれ違い、先に下山すること言う。暗いうちのルート選択では彼にとても助けられた。下山路もルンゼのザレが速いと教えられた。登り抜けてきたコルまで降り、そこから正面左から下るルンゼを目指す。岩の切り立った門を抜けると、急傾斜のザレのルンゼが遥か麓まで一気に下っていた。そこを走るように、崩れる足場に身をまかせて下る。それでもなかなか緩やかな場所へは近付かない。一時間ほど走ってようやくインカの遺跡のある広い場所へ降り立った。疲労を感じながらも更にBCまでハイペースで歩いた。やがて自分の黄色いテントと自転車が見えてきた。山頂からは2時間。午後1時10分。振り返れば、巨大なリカンカブールが立ち上がっている。登りは単調なガレ、下りも足下の不安定なザレ。火山は登るのが億劫だ。

「もうこんなところ登りたくねえな」

 どんなに山頂からの眺めが良くても、登り下りの行程が楽しめなければ魅力的ではない。火山マニアにはたまらないだろうが。

    登山データ

 リカンカブールにはノーマルルートしかない。三角錐の火山でどこから登っても技術的な違いはなさそうで、普通、高低差の最も少ないボリビア側からフリケス峰とのコル経由で登られている。
 登山をアレンジする場合、二通りのアプローチ方法がある。チリ側のサン・ペドロ・デ・アタカマ(2700m)には登山ツアーも扱う旅行代理店が幾つかあり、そこでアレンジが可能。しかし高度順応の問題がある。もうひとつはボリビア側のウユニでリカンカブール登頂を組み込んだ5〜6日のランドクルーザー・ツアーがあり、これに参加する方法もある。こちらは4000mの高所を巡るため、高度順応もできてくるだろう。しかし時間的な余裕がなく、登山はオプションといった感じで、本気で登ろうと考えている者にはチャンスが限られてしまいそうだ。
 辺境の地であるだけに交通機関はない。自力で行くならヒッチハイクしか手段がない。ラグーナ・ベルデ湖畔のイト・カホネス(Hito Cajones)に一軒だけ簡易宿泊所がある。ここからリカンカブールの麓まで悪路を車で30分ほど。
 登山用にはまともな地図は手に入らない。もっとも、地図は不要なほど登山ルートは単純だ。エリアの概要を知るにはチリで発行されている「Altiplano」という赤い観光地図(道や町の名は全く当てにならない)を手に入れるか、TPC地図(アメリカ製の航空地図)の該当エリアを使用できるだろう。今回はその両方を持っていたが、それで充分だった。
 キャンプ地は湖畔からインカの遺跡のある丘にかけて幾つか点在しているが、水は手に入らない。食料も近辺では手に入らないので、出発する町で全て準備していく必要がある。