北岳バットレス小史

北岳バットレス ピラミッドフェース〜第四尾根 2002・7・31〜8・1 石川、三堀
記・三堀

  四度目の北岳バットレスで、初めて完登を成すことができた。三度は全て敗退の歴史である。
  初めて訪れたのは1996年秋だった。「日本最高所の岩場」と聞かされ、揃えたばかりの数少ないギアを全て携え、緊張気味に出向いた。パートナーは曽山氏。リード経験こそ浅いものの天才肌の若手だった。
 アタック日はテントに雨つぶの当たる音で目が覚めた。しばらくして雨が止み、遅まきながらとりあえず岩場へと向かったものの、お互い初めての岩場に戸惑い、時間がかかった。緩傾斜帯ですでに昼近く、ガスが巻き岩も乾ききらずに、諦めて下山に入った。
 始めは飛行機の爆音だと思った。それは落石だった。cガリー上部より車ほどもある岩塊が小岩を伴って落下してきた。「逃げろ」といってもどこへ逃げるべきか。落は岩壁基部に当たり、爆発、爆煙を伴って大樺沢沿いの縦走路まで達した。恐怖などを超えた迫力。更に第二陣、三陣と落が続き、走って逃げ帰った。
 二度目が2000年8月。自分もリードするようになり、自分たちの力で岩ルートを登ろうと神谷と向かった。しかしまたガス、視界悪し。一応四尾根と思われる岩場を2ピッチ登ったが、濡れているせいか結構厳しく、先行隊がやけに遅いこともあり、そこで敗退とした。「北岳ガス男」の疑いをかけられる。
 三度目は2001年9月、武藤氏と中央稜を目指した。大気の状態が不安定であることは承知済みだったが、朝から崩れるとは思っていなかった。下部岩壁を登ったところで小雨、そうしてまたガスが視界を閉ざす。いよいよ「北岳ガス男」は否定しきれなくなる。敗退。
 もう北岳に来るのはやめようと思った。でも一年経てば思いは変わるものだ。北岳にもう一度という気力が戻った。

  四度目、パートナーは気心知れた石川、主目標はピラミッドフェース。通いなれたアプローチを経て晴天の下ピラミッドフェース取付に立つ。
「あれ、これ登ったことある」
 確かに登った。二度目に来た時、四尾根と思って取り付いたのはピラミッドフェースだったのだ。どおりで厳しかったわけだ。X級のピッチから始まるのだ。
 ルート中X級ピッチがふたつ入るが、今回はどちらもうまく切り抜けることができ、さらに第四尾根も全てフリーで登り切った。以前より確かに登攀力が増している実感を得た。
 中央稜への下降点より中央稜を眺める。懸念のこのルート、取り付くか。
「石川さん、行く?」
「う〜ん・・・」
「う〜ん・・・」
「・・・」
「やーめた」
 やめた。
 高山植物の豊富な天上世界の径を辿り、山頂へと向かう。下山に気を揉む必要のないことがバットレスの良さだ。眼下の広河原へ、トレッカーとなって下った。