尾瀬・笠ヶ岳スキー

2003年3月21・22日
メンバー 遠藤、他1名

記・遠藤
 尾瀬・笠ヶ岳は至仏山の南に位置する地味で静かな印象の山です。以前、奈良俣ダムに立ち寄ってこの山を観た時、山容がなだらかである事からスキーが使えるのでは?と考えていて、今回の山行に至りました。

・3月21日(金) 天気 晴れ
 登山口は湯の小屋であり、ゲートの柵を越えてすぐの所に車を止める。8:15出発、湯の小屋沢川沿いの林道を進み、咲倉沢に入る。右岸が台地状になっており、快適にシール歩行ができる。ラッセルは足首程度である。沢を詰め、夏道の尾根(1100m)に出る。高度的に咲倉沢の枝沢を登ってしまったようである。この尾根は顕著であり、目指す笠も良く見える事から、着実に高度を上げていく。しかし気温の上昇とともに雪は湿って重くなり、シールの雪ダンゴに閉口する。途中、露岩でやせており、やや雪庇が発達した箇所があった。これを避けるためトラバースすると、足元でプチ雪崩を誘発させてしまい、ちょっとびっくりする。これを越えて1490m地点に着く。ここは西側に尾根を派生させており、下山路候補に挙がっていたので竹ポールを立てておく。ここから先は若干尾根が広くなり大きめのキックターンができる。しかし途中風のせいで数箇所、斜面が段になっており、スキーでは越えられず、ハイハイの格好で突破する。程なく尾根が緩やかになり、咲倉沢頭避難小屋に着く(14:15)。3人が横になれる程度の小屋である。埋まっていると思い、当てにしていなかったが丁度いい時間なのでここに泊まる事にする。入口の戸が外れていて雪が吹き込んでおり、除雪して中にツエルトを張った。ここは眺めが良いので下山路の検討をする。1490m西側尾根はアップダウンがあり、この重雪では苦労しそうである。よってここから僅かばかり行った1715m地点から南西に派生する尾根を下山路に決める。それにしても利根源流の山々は美しい。白過ぎる。

・3月22日(土) 天気 曇り
 高曇りで展望はきくが、あまり持ちそうも無い。6:05出発。すぐに1715m地点に着く。天気が少しでも急変したら戻る事を条件に、荷物をデポしてデイパック1個で頂上を目指す。雪質はモナカである。尾根は広く緩やかでありシラビソ?の間を縫うように登る。楽しい。このあたりの風景を見ると「尾瀬に近いんだな」という印象を受ける。尾根は北に向きを変えるとピークはいよいよ近くなってくる。燧ケ岳も見えてきて気分も盛り上がる。頂上直下は岩場っぽくなっており、スキーをデポしてキックステップで登り、頂上到着(8:00)。360度の大展望、谷川東面の岩場も良く見える。至仏〜平ヶ岳間の稜線を観察する。尾瀬方面は独特なほど平坦でうねっており、さらに深雪・天候不順なので冬の尾瀬は難しい事がよくわかる。
 下りはモナカ雪のためシールは付けたまま行動する。...とはいえ、もしかしたら何とか滑れるかも知れないと僕は良からぬ事を考える。あとは下りだけという所で僕だけ思い切ってシールを外す。そして滑る。転ぶ。「やっぱりダメだ」。まるで暴走した砕氷船の様である。言い出した僕にも意地(ホントつまらない意地です)があり、足に負担をかけないようにデポ地点まで滑り切った。「貴重な体験だった」と無理やりプラス思考にする。同行者を待たせてしまった。
デポ地点から稜線に別れを告げ、南西に派生する尾根を滑る。相変わらず雪が悪く、荷物も重いので、とにかく転ばないように斜滑降をする。尾根は木が多くなってきたので、右側の沢に滑りこむ。雪崩の心配は無いようだ。ひたすら斜滑降を繰り返す。足がつりそうだ。1200mあたりから雪が割れてきて沢の水が顔を出す。沢に落っこちないように今度は左岸をトラバースしながら徐々に高度を下げる。お腹がすいてきた頃、湯の小屋沢川沿いの林道に到着。途中、沢床がナメ状であった事や高度的な事からナメラ沢出合に着いたと思われる。
 ここからは林道を快適に滑る。やっと滑走らしくなったと思ったとたん目の前が...除雪されている...。「よくある事だね」、僕達は湯の小屋目指してとぼとぼ歩くしかなかった。

● コースタイム
3月21日
湯の小屋(8:15)〜咲倉沢入渓(8:45)〜夏道の尾根・1100m(9:45)〜1490m地点(13:05−13:15)〜咲倉沢頭避難小屋(14:15)
3月22日
咲倉沢頭避難小屋(6:05)〜1715mデポ地点(6:20−6:25)〜笠ヶ岳(8:00−8:20)〜1715mデポ地点(9:45−10:05)〜林道(11:50−12:00)〜湯の小屋(13:10)