南アルプス・白峰三山

日時 2003年12月30日〜1月2日
メンバー 河本、羽澄、遠藤(記)

  南アルプス白峰三山は僕が山登りを始めた当初から行ってみたかった所です。しかしこれまで時間的余裕などから夏に行く機会に恵まれず、今回冬に行く事になりました。入山前から自分の体力、そして天候は大丈夫だろうか?と、かなり不安でした。メンバーは河本さん、羽澄さん、遠藤の3人。

12月30日(火) 天気 快晴

  車で奈良田第一発電所まで入り、仮眠後、6:25出発。池山吊尾根登山口を目指して長い林道歩きである。林道は寒々とした風景で人の気配を感じない。左側からの沢から入ってくる滝はみんな中途半端に凍っている。途中、北岳から下山してきた4人パーティに会う。雪は少ないとの事である。やっと登山口に到着。ここからは急登で足に負担をかけないようにストックを使いながらゆっくり登る。1800mあたりで傾斜が緩くなり、やっと地面が雪で覆われ始める。池山小屋に到着するも時間がまだ早いので、もうちょっとがんばって2160mの平坦地を本日の宿とする。周りを針葉樹に覆われたとっても雰囲気の良い場所である。寡雪のせいか融雪の水はハイマツの葉がたくさん混じってしまった。

・12月31日(水) 天気 曇のち吹雪

  朝起きると曇っている。今日は入山前の天気予報ではそれほど悪くないとの事だったが、ちょっと不安になる。6:15出発。城峰ピークあたりから小雪まじりになり、風も強くなってきた。森林限界の直前でアイゼンを付け、ピッケルを持ち、ロープもすぐ使えるように装備を整える。天気はすっかり吹雪になる。視界はまだ充分利く。風に耐えながらボーコン沢の頭に着く。天気は悪くなる一方である。河本さんに「行きますか?」と何となく問う。「確かに風は強いけど、視界は利くんだから行こう」と答えた。前進する。八本歯の頭までは平坦であり「晴れていれば、バットレスがすごいんだろうなあ」と思いながら歩く。八本歯の頭での休憩もそこそこにしてコルに下りる。危険箇所との事であったが、着雪が少なく難なく歩けた。むしろ突然吹く突風のほうが恐い。コルからの登り返しは所々吹きだまりがあり、膝までのラッセルになる。急登なのでなかなか辛い所である。北岳山荘へのトラバース分岐で僕は、明日の天気が予報では悪く、これでは明後日以降もわからないので河本さんに「時間もあるので北岳だけ登って戻るべきですよ」と言う。そして河本さんは「視界は何とか利くし、全部荷物持ってるんだから何も見えなくなったらそこに泊まればいい。荷物持ってるのはそれが強みなんだから。明日、停滞覚悟で明後日に行くか戻るか決めよう。だから今日北岳山荘に入ろう。それにしてもやっと冬山らしくなったね」と言った。羽澄さんも河本さんと同じ考えのようだ。羽澄さんは冬の白峰三山周辺の地形に精通しているようだ、極端な冬型にはならない、大門沢のラッセル等々、僕もいろいろ考えたが停滞も悪くないと考え、予定通り行動する事にする。ただ、河本さんの歩きが若干遅いのが気になった。

主稜線に到着。羽澄さん先頭で空身で北岳頂上を目指す。それにしても羽澄さんはこの視界の中、ほとんど立ち止まらずにルートを歩いていく。視界は数値的に5m前後か。ここで後ろを見たら河本さんがいないのであわてて引き返し、今度は3人固まって頂上に到着。「やった、やった」3人がっちり握手を交わす。寒くて頂上は5分しかいなかったけど冬の北岳に立てたのは本当にうれしかった。

主稜線を歩き北岳山荘を目指す。風が本当に辛い。ザックが露岩に引っかかって歩きずらい所もある。何とか北岳山荘に着く。しかし明日以降の天気がわからないのでホッと出来ない。数人、先客がいるようだ。小屋の中にテントを張り、夕食を摂りながら明日の天気予報を聴く。「穏やかに晴れる」との事である。この瞬間、予定通り山行が進むと思った。僕は安堵からとたんに口数が多くなる。僕は本当に自分が単純で情けない人間だと思った。それにしても夕食の年越しそばは本当においしかった。

・1月1日(木) 天気 快晴

朝起きると北岳の輪郭がくっきりと黒く浮かび上がっている。快晴だ。うれしい。6:50出発。富士山の左側から出る初日の出を写真に撮る。強烈な西風であるがアイゼンをきしませ、快調に歩く。甲斐駒も仙丈も何でも見える。昨日苦労したせいか僕はもう大はしゃぎである。間ノ岳から農鳥小屋の間は広い尾根で悪天だとわかりにくいだろう。西農鳥の登りは急な岩稜があり、僕達はここを西側から巻いて登った。とはいえ、強風のうえ、ラスト10m位は急な雪壁登りであり、ホールドにする露岩も浮いているものがあるので要注意であった。雪の状態が悪かったらロープを使っていただろう。農鳥ではこれが最後であろう北岳の姿を目に焼き付け、大門沢下降点に到着。大門沢はトレースがあるようだ。ここでアイゼンを外す。大門沢の源頭部は広いがすぐにノドのように狭くなり、傾斜もきつい。意外に積雪も多く何が起きるかわからないので一気にかけ下り、樹林帯に入る。樹林帯もかなりの傾斜で、時々シリセードを交えて楽しく下りる。途中、3人の単独行者とすれちがう。ここを登るなんて本当に山好きの人なのだろう。すごいと思う。ようやく大門沢小屋に到着。小屋は開いており、羽澄さんの残していた焼酎を空け、楽しい山の話をしながら食料を目一杯食べた。疲れからか3人とも、もう18:30には床の間に眠り込んでしまった。

・1月2日(金) 天気 晴れ

今日も穏やかな晴れ。「今日で下山か」と顔がボーッとなっている。暖かいものを飲んで少しゆっくり出発。沢筋から外れるととたんに雪が少なくなった。吊橋を3つ渡り、幾度か雪の稜線を振り返り見る。奈良田はすぐそこのようだ。

コースタイム
12月30日
奈良田(6:25)〜池山吊尾根登山口(9:40−10:05)〜池山小屋(13:30)〜2160mテント場(14:10)
12月31日
2160mテント場(6:15)〜森林限界(8:30)〜ボーコン沢の頭(9:50)〜北岳(12:20−12:25)〜北岳山荘(13:40)
1月1日
北岳山荘(6:50)〜中白峰(7:35)〜間ノ岳(8:50−9:10)〜西農鳥岳(11:30−11:40)〜農鳥岳(12:15−12:20)〜大門沢下降点(12:55−13:20)〜大門沢小屋(15:25)
1月2日
大門沢小屋(7:45)〜奈良田(10:05)