ウソくさいクライマックス


錫杖岳・見張り塔からずっと(12P、5.8 NP)

2005/09/18 遠藤・三堀


(三堀記) 

 錫杖岳で最も良く登られている壁は前衛壁と呼ばれ、図抜けた人気ルート左方カンテなどがある。前衛壁を登っている限り、錫杖の山の全貌は窺い知ることはできない。そこは前衛に過ぎない。

 山頂のある頂稜は岩峰群で、その下に本峰フェースと呼ばれる、立った大きな岩壁があり、2002年に北沢下部から登り本峰フェース右よりから本峰へとつないだルートが拓かれ、記録が「岳人」誌に掲載された。「見張り塔からずっと」それがルート名だ。

 本峰フェース自体は過去に登られているが、「見張り塔からずっと」の核心は残置の関係ないオール・ナチュプロのクラック主体ルートだった。それが目にとまったのは5.8という手ごろなグレードだったためだ。開拓者は錫杖をホームゲレンデのごとく登りまくっている石際氏と横山氏で、彼らの報告サイトは興味深い情報を提供してくれ、今回の山行の参考になった。

 本峰フェースは前衛壁や北沢本谷の側壁などのせいで、なかなかお目にかかれない。登って見てみるしかない。取付は注文の多い料理店のある前衛壁北沢側フランケの奥で、涸れ滝となったところからロープを出す。あまり登られていないようで、砂利が結構のっている。残置が所々にあるが、利いているものは少ない。大滝の左壁を易しくはない数ポイントを交えつつ4ピッチほど登ると沢はひらけてくる。左上へとひたすら緩い壁にぎりぎりまでロープを伸ばす。やがて中央稜上部に出て、笹帯を詰めるとようやく本峰フェースに行き当たる。前衛壁はすでにはるか眼下となり、右に目立つ岩峰の烏帽子岩が見える。下からは烏帽子ばかりが見え、それが本峰フェースかと思えるが、実際は左奥にある緑の多い峰の下部にあり、なかなか登るべき壁は見えてこない。

 コンテで笹帯を登ると、やっと本峰フェース基部に着き、奥まったところに暗い洞穴がある。その左が核心の取付だった。ここまでは本峰フェースのアプローチともとれる。

最初のピッチ上部にはきれいな左上クラックが見える。出だしは濡れている。垂直は充分にある傾斜で、見た目はひるむが、良く見れば手がかりはありそうで、

「まあ、登ってみるか」

 といった気分で取り付く。

 三堀リード。縦スジの多い出だしを直接登り出すのは厳しそうで、洞穴奥へ腕力まかせで一段上がり、先ずはストッパーとキャメロット#2(黄)をきめる。充分な安心感を得て、垂直部へ突入。左の遠目のスタンスに一歩出すのにちょっと勇気が要る。そこに立ってしまえばもう行くしかない。脆い部分もあるが、見た目よりホールドは良く大胆に行けるのが楽しい。木の根でもプロテクションを取りながら中間の松ノ木部で一息入れ、上部左上クラックへ。見上げるより実際はホールド、スタンスも多く、安定してカムでプロテクションを取れる。易しくはないがナチュプロのせいか気分の良いクライミングだ。テラスへ抜け、左のコーナーでピッチを切る。残置ハーケンが一発ある。ビレー点はカムで補強し、岩の突起にスリングをかけてセカンドを迎える。

 続くピッチは遠藤リードで、立ったコーナークラックをチムニー風に登る。クラックはそのまま右にカーブしながら上部へ続いているが、このラインは草も多く、厳しいという情報もあり、途中から右へトラバースしてゆく。核心はプロテクションの取れないこのトラバースで、フォローも緊張感がある。よく探せばカチがあり、スタンスもうまい具合に続いているため、けっこう楽しい。トラバースをクリア後、フリーっぽいムーブで弱点ラインを左上すると、本峰フェース上部の見晴らしのよいテラスへ歩き(U級)となった。

 頂稜岩峰群の基部テラスを右に45mトラバースし、濡れた凹角を登って右のカンテを回り込むと垂直の草付きなどが出てきて、草木を掴んで息を切らせて登る。

なぜか谷川一ノ倉の三スラ(滝沢第三スラブ)を思い浮かべる。上部の草付では確保も取れない急傾斜の草付きを、ロープ無しでぶちぶちと抜ける草を頼りに登って行くのだという。滑ればもちろん本谷まで一直線。そんなところに行くのは御免だ。まだ岩がストッパーとなるここ錫杖の方が良い。

正面は脆そうな岩場で、本峰ピークは右の立った草付きルンゼの奥らしく、最後のすっきりした岩が見える。そこまで更に1ピッチ伸ばし、快適そうなクラックを見上げてピッチを切った。

 おいしそうな最後のピッチは遠藤氏の番となる。このラストピッチがリードになるよううまくやりくりすると、おいしい。リードはおいしそうにクラックにカムをきめ、最後、空へ、消えていった。

「おおおぉぉぉ!」

 遠藤、感嘆の叫び。

 ザックを背負ってフォローする。最後のクラックも案外手応えがあるが、まわりの空間には何もなく、空へと登って行くように感じられる。最後、マントルを返し立ち上がる。

「おおおぉぉぉ!」

 か、感嘆の・・・。

 錫杖岳の頂上だった。初めて西側の景色もひらけた。絶景だ。

ガバッと登り抜けた終了点がそのままサミットという、あまりにウソくさいクライマックス。これじゃ、まるでできの悪いクライミング漫画だ。やってくれる。だがその主人公の一人になるのは何と爽快な。

頂上は何人も立てない広さの岩の上で、ビレーしていないと安定しない。

北方の笠ヶ岳へ続く山景色は、日本ではそうお目にかかれない独特の表情で、遠く、稜線が続き、槍、穂高へと繋がっている。

12ピッチというロングルートだが、まともなクライミングになるのは北沢本谷下部大滝周辺と、本峰フェースから頂上の計6〜7ピッチほどで、スケールとしては小ぶりな感はある。しかし登るほどに展開する景色と、クライマックスへと向うシチュエーションはルートのストーリーとして実にドラマチックだった。

下りは錫杖の岩場がたっぷり見られる。広く立派な本峰フェースや、前衛壁、中央稜側壁などの他にも、水の涸れた幻の大滝岩壁やその周辺の岩場など、ちょっとないような、立った岩壁の宝庫である。どれを登ってみようかと考えをめぐらせるだけで楽しい。

出合の幕営場へ難なく戻り、日暮れ時、前衛壁を見上げると、渋滞の左方カンテ上部にはまだ懸垂中のパーティーがいた。

今回、山頂まで抜け登ったことで、未知だった錫杖岳の岩場がだいぶ見えてきた。前衛壁だけにこだわらず、まだ新たに登れそうなラインは方々にありそうな気もする。


(遠藤記

9月のなかば、三堀さんが週末に休みが取れるということで、錫杖岳の岩場に行くことになった。天気予報も上々だし、暑さも和らいできたので山に入るのにはいい機会である。目的のルートは見張り塔からずっと。錫杖岳山頂に直接突き上げるルートとの事で、以前から行きたいと考えていたルートである。

9月18日(日) 天気 晴れ

日曜日の未明、槍見温泉に到着するが、土曜日から山や観光に来ている人の車で、すでに駐車場は満車である。橋の手前の路側帯に車を停める。いつもながら眠れない仮眠後、朝ごはんを食べて6:20出発。いい天気だ。クリヤ谷の渡渉点でいつも通り小休止し、錫杖沢出合に到着。麓が満車であったことから、結構人が多い。大阪方面からの人も多いようだ。テントが設営できるか心配だったが、うまい具合に台地にスペースがあり設営することが出来た。ギア類を揃えて早速出発。取り付きは北沢大滝である。北沢フランケを登攀中のクライマーがいるので落石に注意する。

1P目 15m (遠藤リード、以下リード省略)
スラブ状フェイス。傾斜がゆるいので砂や小石がのっている。落とさないように注意する。ハーケン1本+カム2個でビレイ。

2P目 40m (三堀)

引き続き、スラブ状フェイス。ラインが2通りあるとの事であるが、僕たちは左上に見える浅い凹角沿いを登る。1P目より細かく、これといったガバが無く、バランスが取りづらい。フリクションを効かせて登る。凹角を越えると傾斜はゆるみ、潅木でビレイ。北沢大滝ではこのピッチが核心だった。

3P目 45m (遠藤)

ゆるい登り〜階段状スラブ。本流に向かって適当に歩き、目の前に見える顕著な階段状スラブを真ん中から登る。階段状スラブは濡れている箇所があるが傾斜がゆるいので特に問題ない。これを越えて古いビレイ点にて切る。

4P目 45m (三堀)
カンテ状〜ゆるい草付スラブ。目の前に見えるかぶり気味のカンテ状に取り付き、2mくらい登った後、カンテを右に巻くように登る。ここを越えるとルートの傾斜が全体的にゆるみ、北沢フランケ側からも離れ、景色が開けてくる。続いて草付スラブを適当に登り、カムでビレイ。

5P目 50m (遠藤)

草付スラブ。傾斜のゆるんだ明るい草付スラブを自由に登る。適当に岩角でプロテクションを取る。遠くに見える烏帽子岩をはじめとした景色が素晴らしい。鼻歌交じりに登る、とはこういうピッチの事を言うのだろう、本当に楽しい。

6P目 40m (三堀)
歩き。慣れた人ならコンテニアスでも大丈夫だと思う。

6P目を終えて、コンテニアスに切り替え、中央稜の笹藪を歩く。このまま中央稜を歩いても良いが、藪が少々しんどいので、右側にある涸れた沢に入り込み、これを登る。適当に登ると本峰フェイス岩峰群の基部に突き当たり、ここで大休止をする。ここは見晴らしが良く、北沢大滝上のゆるい草付スラブ、笹原、中央稜上部は、東尾根や本峰フェイスに囲まれており、箱庭といったような感じである。烏帽子岩もすぐそばに見える。暖かい陽気でお昼寝でもしたくなってしまう。

楽しい大休止のあと、岩峰群基部を深い笹藪こぎをまじえて左トラバースして見張り塔の基部に到着。次の2ピッチは厳しそうなので、リードは空身、セカンドは2人分の荷物をしょって登る。

7P目 30m (三堀)

大洞穴クラック〜松の木上のクラック。大洞穴左側にクラックがあり、クラック右側からカムをセットしながら登り、一旦安定したスタンスでレスト。ここから左に移りクラック沿いにガバをつかみながら、上体を振って登り、松の木にプロテクションを取る。ここまで岩が濡れており、脆い部分もあり要注意だった。次にスッキリとした左上ハンドクラックをキャメロット#3くらいをセットして登る。しかし僕はどうしてもジャミングができず、クラック右にあるカチを拾いながら登る。大テラスにて岩角でビレイ。

8P目 45m (遠藤)
凹角〜トラバース〜左上。頭上の凹角を左壁のクラックにエイリアンサイズをセットしながら、ステミング気味に10m登る。この凹角は剥がれそうな岩があり神経を使った。ここから右トラバースでフェイスに進入する。フェイスは1、2P目と同様のスラブ状フェイスだが、今度は傾斜があり、ホールドにいまいち良いものが得られない。スタンスは外傾しているが明瞭である。しかしプロテクションが取れず、最後に取ったのがエイリアン#3/4というのもちょっと心細く、とても緊張する。そして6mくらいトラバース後、やっと岩角スリングでばっちり取れた。ここから多少ホールドが明確になったフェイスを左上、5mも登れば傾斜がゆるむ。見張り塔のてっぺんでビレイできるとの事であったが、支点になりそうなものが見当たらず、そのままゆるい草付階段状を直上して、潅木にてビレイ。このピッチが核心だと思う。

9P目 40m (三堀)

ブッシュまじりの右トラバース。上部壁まで右上し、壁基部をトラバースして草付ルンゼ入り口で切る。

10P目 45m (遠藤)

草付ルンゼをひたすら直上する。スタンスが草で隠れているので、確認しながら登る。頂上直下の岩峰群が見えてきて、一旦ルンゼ左側の顕著なジェードルを持つ岩峰基部にて切る。

11P目 30m (三堀)

再び草付ルンゼに入り、右上して頂上岩峰基部まで。

12P目 15m (遠藤)

頂上岩峰。いよいよ最終ピッチである。このピッチはやはりリードしたかった。このルートが拓かれて記録が雑誌に掲載された時に、この最終ピッチをフォローするクライマーがとても楽しそうに登っている写真が、僕にはとても印象的だったからである。もちろんこのルートを登ってみたいと考えていた理由でもある。きっちりとクラック沿いに直上する。しかし、頂上がすぐそこだ、という早まる気持ちと、下手なクライミングが相まって、ヒザを付いて登るほどの奮闘的なクライミングになってしまう。でもそんな事どうでもいい。空が近づいてきた、そしてマントルを返す...。「着いたー!」

そこはまさに3畳ほどの広さの頂上であった。もっと広いだろうと思っていただけに意外であった。傍らの苔むしたケルンが味わい深い。錫杖の山肌は明るい緑色の笹原が多く、何とものんびりした雰囲気がある。そして槍・穂高をはじめとする山々と僕達2人だけの静寂...。おにぎりを食べながら「山っていいなあ」と何度も思った。改めて山登りの楽しさを教えてくれる楽しいルートでした。

下山は南尾根を下る。途中、樹間から見える牧南沢に降りるコルの位置と周辺地形を頭に入れておく。尾根には結構明瞭なふみ跡があり、危険箇所も無い。赤布も近い感覚でつけられており特に迷うことは無いと思う。コルからの牧南沢への降り口付近は笹原となっており、ふみ跡により自然と牧南沢へと導かれている。牧南沢は特に危険箇所は無く、途中で本峰フェイスや中央稜フランケなどの眺めが素晴らしい。そのまま沢を降りればテントがある錫杖沢の出合に着く。

9月19日(月) 天気 雨のち曇り

19日はもう1ルート登る予定であったが、朝に雨が降ってしまったので早々に撤収。山の天気はわからないものです。下山後、温泉に入りそのまま帰京した。

● コースタイム

9/18(日)

槍見温泉(6:20)〜錫杖沢出合(8:10−8:40)〜取付(9:15−9:40)〜大休止(11:50−12:20)〜終了点・錫杖岳山頂(15:00−15:40)〜錫杖沢出合(17:30)

9/19(月)
錫杖沢出合(7:20)〜槍見温泉(8:15)