秋田、虎毛山塊、荒雄川支流保呂内沢西ノ股沢遡行、本流下降の記録

                             2005年7月16日〜18日 
             
Lキザキ(黒稜)、うっき()、フカマチ(カヌ沈隊)、ワタナベ(同流)

7月15日()

 わたしが職場の宴会のため、お願いして集合場所を立川にしてもらう。背広にネクタイで集合地点に行くのは初めての経験だ。なんか、非常にカッコ悪い。

 当初、南会津の御神楽沢に行く予定だった。しかし、17日()の天気予報が悪く、ミチノギ沢を下降して御神楽沢に突っ込むと18日中に下山できない可能性がある。カヌ沈のフカマチ君が、浦和浪漫山岳会の遡行記録をもとに、比較的天候の良さそうな秋田の虎毛山塊山猫森につきあげる保呂内沢西ノ股の遡行を提案した。もちろん、われわれに異論のあるわけもない。23:00立川発、日の出インターから圏央道、関越道を経由して東北道に入る。

7月16日() 曇り時々晴

 古川ICで東北道を降り47号を鳴子、鬼首方面へ。鬼首温泉着6:00。仮眠場所を探したが適地が見あたらず、結局鬼首から少し下ったところにある荒雄湖畔公園の東屋で仮眠をとる。管理棟があり、9時には管理人が出勤するらしい。ちょっと不安だったが、心配しても仕方がない。軽い宴会の後、わたしはベンチで横になって1時間半ほど仮眠をとる。9時30分、日の光のまぶしさと暑さで目を覚ました。ふと横を見ると、男二人は缶ビールの山を積み上げ、いまだに一睡もせずに宴会の真っ最中だった。信じられん。向こうの方では、管理人さんが迷惑そうな表情で芝刈りをしていた。どうも、すみません。10:00公園発。

 鬼首を過ぎ、軍沢を越えたところで108号と別れ、斜め右に下って県道248へ。仙北、杉の森、寒湯、芦沢と左から次々に沢が入る。橋にひとつひとつ名前が書いてあるので、たいへんわかりやすい。根松を過ぎ、少し行ったところでお目当ての保呂内沢が左から入る。いったんやり過ごし、ひとつ先の岩入で左折、鎌内沢沿いに走る林道に入って、さらに上流に向かう。

道はどんどん悪くなる。左、盗人滝方面へ向かって少し行くと、道は浅い沢を横切ってそのまま続いている。浦和浪漫の遡行記録では、もう少し先までクルマでいけるようだが、雨が降って増水すると帰れなくなる不安がある。沢の少し手前にもどってクルマを止め、後部座席で爆睡しているメンバーを起こした。11:00沢支度を整えて出発。30分ほどのアップダウンで尾根を越したところで、保呂内沢の入渓点に着いた。傾斜のほとんどない、明るく緩やかな河床を、飛沫を陽に輝かせながら水が穏やかに走っている。なんと美しい沢だろう。思わず気持ちが弾んで、全員がはしゃぎ出す。釣り竿を出しながら、のんびりと遡行を開始した。小1時間ほどで、左手から階段状のナメとなって西の股沢が流入してきた。本流に別れを告げて、ルートを西ノ股沢に取る。しばらく行くとあらわれたスダレ状の滝は、左側から越えた。さらに3〜40分歩いて、河床が広い段状になっているところで本日の行動を中止した。これ以上進むと、野営の適地がなくなる。それに、メンバー全員が圧倒的な寝不足である。今日はそれほど無理する必要もない。沢慣れしている黒稜やカヌ沈のメンバーは、ほんとうに手際がいい。右岸の広いところを整地し、草を刈って敷き込み、さっさとタープを2張りつなげて張る。薪を拾う傍らで釣り竿を出したが釣れない。今日の釣果は、入渓点でフカマチ君が釣り上げた小さなイワナ一匹のみ。入渓しやすい沢なので、釣り人も多いのだろう。

 4時頃には宴会を開始した。しかし拾った薪がどれも湿りがちで、火起こしの上手いキザキ、フカマチ両氏がやってもなかなか盛大に焚き火が燃え上がらない。湿った服が乾かないので困った。うっきがおいしいご飯をこしらえてくれたが、みんな眠くてなかなか食が進まない。ほどほどに寝てしまった。

7月17日() 晴れ時々曇

 7時を少しまわった頃に目を覚ました。寝不足が解消され、全員体調がいい。ゆっくりと朝食を作り、昨日食べきれなかったご飯は、うっきがお昼のオニギリにしてくれた。出発は9:00。

 広がった気持ちの良い沢がしばらく続くと思っていたら、次第に周囲が狭まり、両岸をスラブ状の岸壁に挟まれたV字状の谷になった。V字の底の、トヨのような流れに時折イワナが走る。4,5mのナメ滝がいくつかかかっているが、どれも快調に乗り越せた。出口近くの8mほどの滝が一番悪く、お助け用にシュリンゲを固定しながら左側を越えた。

2時間半ほど歩いて、奥の二股にたどりついた。左の流れは竹の子森に突き上げ、右の流れは山猫森に行く。われわれは、保呂内沢の本流を下降する予定なので、右の山猫森に突き上げる流れをたどった。浦和浪漫の遡行記録にある通り、延々と続くスラブのナメを細い流れがはるか上まで続いている。3〜40分ほど歩いて源頭部の様相になり、水がなくなって、根曲がり竹のヤブコギになった。ブッシュを押し分けて20分ほどで稜線に着いた。しかし根曲がり竹の背が高く、見通しが悪いため、現在地が虎毛山から続く主稜線なのか支尾根の一部なのか判然としない。そこで、うっき手製のオニギリを頬張りながら、かたわらのブナの木をよいしょと上って現在地の確認をした。

 いまいる場所の、さらに向こうに山影はない。間違いなくここは主稜線だ。右手の稜線を4〜50m行ったところから、保呂内沢を本流と西ノ股に分ける支尾根が伸びている。とすると、山頂は右手の目と鼻の先のところだ。木から降りて右手に4〜50mほど移動した。ブナの幹に「初恋の夢」と切り込みがしてある。だれか、沢屋が彫ったのだろう。標高差がないので判然としないが、ここを1034m山猫森の山頂と決める。13:00。

 少し休んで、下降を開始した。鞍部へと緩やかに下る稜線をわずか左に見ながら、谷へと降りる急激な傾斜を斜めに降りていく。方角は、北東方向にほぼ一直線である。30分ほどの下降で、源頭の小さな流れにたどり着いた。やった。これが間違いなく本流だ。このあたりのルートファインディングの妙が沢登りの醍醐味である。

 遡行図がないので「たいしたことないだろう」とタカをくくっていたのだが、保呂内沢の本流は、西ノ股沢とはずいぶん趣を異にしてゴロゴロした石の沢床が多い。一カ所だけ2mほどの滝があり、左(左岸)側を巻き気味に降りた。さらに少し行くと、ゴロゴロ石のサイズがさらに大きくなり、水は完全になくなって伏流水になってしまった。30分ほど下ったところで水が再び地表に出てくると沢は大きく開け、見慣れたのどかな風景になった。2時間ほどの下降、二股まであと1時間ほどのところで今日の行動を止める。少し高くなった左岸の川原を整地し、テン場作りを始めた。3:30。

 うっきがイワナを釣ってきた。男たちはタープを張り、焚き火を起こしながら、宴会を始めている。イワナのムニエルに大根サラダ、パスタ・・焚き火は明るく燃え上がり、おいしい酒をたくさん飲んで話もはずんだ。・・しかし、しかし、わたしは疲れて11時半頃寝てしまったけれど、この宴会、なんと明け方の5時近くまで続いたらしい。ぜったいぜったい信じらんない。焼酎やら日本酒やらウィスキーやら、各人が3リットルほどの酒を持ち込んだのだが、この宴会であらかた飲み干してしまった。

7月18日() 晴れ

 さわやかに6時起床。ん、広いタープの中はわたし一人だ。あたりを見回すと、みんな焚き火のかたわらにホームレスのような格好で転がっている。・・さっそくみんなを起こす。しかし、青い顔で死んだようにぐったりしていて、なかなか起きてくれない。なんでだろ。知らない。とにかく年寄りは朝が早いのだ。ようやく、6時半にみんな起きた。半強制的に夜明けのコーヒーをあてがい、夜更かしはいかんよと説教する。

  のろのろと朝飯を作った。だれも食欲など全然ないような顔をしている。実際、ホワイトソースもスパゲッティも、あんなに残ったのは初めてだ。8:30出発。

それでも、歩き始めると元気になるのはさすがに年期の入った山屋だ。30分ほど歩いて、とつぜん2段15mの滝に突き当たった。ひゃーっ、本流は滝がないと思っていたのに、まいったなあ。みんな、アルコールが残っているぞ。上段7mは右手の草つきを恐る恐るクライムダウンし、流れを横切って、下段8mは左側の岩を降りる。滝つぼの横のトラバースが一番悪い。本遡行中、もっとも悪い箇所だ。フカマチは早々とトラバースに見切りをつけ、滝ツボにいさぎよく飛び込んだ。キザキとうっきは、チドリ足で、それでもなんとか難所をクリア。わたしは「よっぱ」じゃないクライマだから、こんなところはひょいひょいと軽いのだ。ふっふっふ。

 この滝以降は難所もなく、夏の日差しの中、心地良い水の流れに浸りながらゆっくりと沢を下った。西ノ股沢の出合通過10時半。ここで初めて釣り人に出会う。勢いよく沢を下るわれわれを、めずらしそうに見上げていた。軽く会釈して過ぎる。

 保呂内沢入渓点着11時半。やった。遡行完了だ。みんなで記念撮影をして成功を祝う。

 鬼首温泉のスパ吹き上げの湯に入って帰京した。木崎さん、宇津木さん、深町さん、楽しかった。ありがとう。また、どっか連れてって。40mロープを1本と補助ロープを持参したが、結局一カ所も使わずに済ませた。