2005年の記録          

Back

Date Destination Member Memo
2005
12/31-1/1 菰釣山 中村 他 中)道志から入った(丹沢の山だが)/上に少し雪があったぐらい/富士山が美しい/翌日下山/石割の湯へ
12/31 高取山・須磨アルプス(西六甲) 足立 足)15年ぐらい前の自己ベストタイムの15%落ち-15%と言えば世界記録と市民ランナーのタイムぐらいの差/でも元がボテボテの市民ランナーだったから今は?
12/30-1/3 爺ケ岳東尾根 宇田/北島/安藤 宇)赤岩尾根はラッセルで諦め引き返し/爺ケ岳東尾根にたくさん入っていると言うので転進/でもすでにかなりが下りていた/ラッセルしてルートを見失わないように登る(ツボ足)/最後は尾根上に残っていたのは我々のみ/前の日に降りた人は楽勝の山行だったのにこちらは冬山らしい苦しさ
北)赤岩尾根で直登無理なためルート色々探すがムリ/1日は東尾根天気よく快適・大町の夜景美しい/でも翌日からは雪/中峰ではメガネが曇って何も見えず
12/30-1/1 屏風T4 三ツ堀信/遠藤 三)天気予報と違い30日から大雪/30日は横尾まで/3人パーティが先に出たので渡渉点までトレースをたどりここでラッセル交代/T4尾根取り付きまでは早い/天気もよく行けると思って取り付いたがハーケンは埋まっているし、角度は見た目よりも立っているし苦戦/使ったこともないスカイフックまで使う羽目に/1ピッチに2時間半/垂直のラッセル/雪に「抱きつきながら」登る/ビレーも木にスリング/T4に着いた時には「もうこれ以上いけない」/雪の多さにやられた/バイル効かない
12/27 湯河原幕岩 三ツ堀め/渡邊 め)幕岩らしいお天気でかじかむこともなし/桃源郷で一日/梅祭りの時期は今年から200円取られる
渡)出だし好調/ありさんの左の10aオンサイト/でもその後は5.11の世界の厳しさを思い知らされ/あげくにアボリジニで3回も落ちた
12/25 越沢バットレス 三ツ堀信/遠藤 三)T4尾根をイメージ/左のV級のクラック登れたが、あとはアイゼンと手袋でうなりながら/ある程度自信できたが
12/23-25 黄蓮谷(敗退) 宇田/北島/大前/渡邊 北)大前氏は4回目の挑戦(北島氏は2回目)/今年は行けると思ったが/五合目小屋はテントで一杯−炊事小屋の方に/先行パーティのトレースを追ったが、間違えていたり落し物(バイル)をしたり/で一人だけ戻る/坊主の下が凍っていない・上は雪で登れる状態ではない/翌日は好天…
渡)五合目小屋まで7時間もかかってしまった/大前氏酒飲まず(つまり本気)/翌日6時過ぎには出た/先行パーティの間違ったトレース追って懸垂3-4回/2〜300mくらい取り付きより下におりてしまった/岩小屋に着いたところで1時間半くらい遅れ、敗退決定/その夜はもう酒がなく...
12/22 谷川西黒尾根(敗退) 三ツ堀信 他2 三)大荒れの予報だが天気が良かったので入山/でも悪くなったので戻ると帰りは大荒れ/下りでかなり迷った/尾根が広くてよくわからず、木がなければホワイトアウト状態/それこそ手探りの遭難寸前状態だがコンパスや木の生え具合、わずかな記憶で下りる/左に寄り過ぎ、いつものと違う(後から気づいた)鉄塔に至る/林道を30分以上ラッセルしてようやく指導センター
12/21 景信〜高尾山 中村 中)霜柱(シソ科の植物)の氷の華を初めて見た-枯れた草の根から上がった水が凍る
12/18〜19 三ツ峠 三堀信/三堀め/遠藤 信)寒かった/マイナス10℃以下だろう/この気温でも登っていると素手になれる/直登カンテ/ユマーリング練習うまくいってほっとした/翌日中央カンテ(ほぼ完登)、巨人ルート(手袋だがエイド)/ユマーリングも慣れると楽(足が着いていると)/壁には氷柱が出来ている所も/裏のジープ道は雪
12/18 谷川周辺スノーハイク 菊地 菊)土合周辺/行動は3時間もないか/冬山装備もまともになく…/スノーシューを履いても腰まで埋まる
12/17〜18 春日渓谷アイス 宇田/北島/中野
18のみ/大前
北)下の滝の横で車が入れずそこで練習/氷の状態も良く快適に遊べた/割に寝ていた/そこから上へはもう車が登れない(スタッドレスにチェーンでも苦労)/翌日は滝巡りに行ったが滝がない/前日の所へ戻り登った/多少は練習になったか
12/16 日の出山〜御岳山 中村 他 中)二俣尾からスタート/最後に忘年会をして帰宅
12/16 越沢バットレス 三堀信/三堀め 信)正月山行のトレーニング/右のIII級から初めてたった3ピッチ/ユマーリングをしたがハングしていると凄い苦労をすることが分かった/しかもアイゼン+手袋でうまく行かず発狂しそう/うちひしがれて戻る
12/12 涅槃岩 三堀信/三堀め 他 め)見学の手島さんのお試し/他にパーティいない/手頃なグレードをちょこちょこ
信)寒波で寒かった/ただしこの寒さでも1本登って冷めないうちに登れば行ける
12/10〜11 八ヶ岳会山行 北島/宇田/中村/河本/坂口/安藤/三堀め/中野/遠藤
11のみ:大前/渡邊


10 硫黄:三堀め/宇田/遠藤

10 ジョーゴ沢:北島/中村/河本/坂口/安藤/中野

11 赤岳/地蔵〜文三郎:河本/坂口/安藤/め/遠藤

11 乙女:渡邊/大前/宇田/中野/北島
河)土曜も天気悪く(吹雪)肩すかし/我々はジョーゴ沢で遊び/翌日は寝坊したが地蔵尾根から赤岳へ/7:30に出たのに12時に戻った/かなり吹かれた
北)初日はジョーゴ沢F2まで/宴会で遅くなり翌日は乙女の滝へ/先行パーティ待ちで耐寒訓練状態/ちょこちょこっと右を登って終わり/氷の状態は良かった
中村)自分のペースで地蔵を登ろうとしたが尾根を見ることなく降りてきた/展望台で阿弥陀等がきれいに見れた
渡)夜、幕場に着いたら、皆が待っていてくれて嬉しかった/翌日は寒かった
め)中山尾根の予定だったのに土曜は登攀ムリ-で硫黄へ/稜線でビュービュー吹かれ充実/日曜は諦めていたが赤岳組に入れてもらった/中山尾根にも行けないことはない状況だった?/2日とも行動できたので良かった
12/9 ミニハーフドーム 三堀信/三堀め 信)夕方で寒かった/前より登れた/10a〜10b/狭いので何度も行くと飽きる/ハングあり・ホールド良くないなどで面白い
12/5 ミニハーフドーム 三堀信/三堀め 信)高さ5〜6mだが易しいルートがない/10a〜10bぐらい/垂直で所により薄かぶり/なめてかかると難しいよ
12/3〜4 八ヶ岳裏同心ルンゼ・ジョーゴ沢 大前/中野
12/3〜4 湯河原幕岩 北島/渡邊 渡)こちらは混んでいた/しとど庵は無名山塾で一杯/焼酎1.8Lに八海山(残したぞ!)を飲んでしまった/二日目のジンクスは破れ、まともに登った
12/3 つづら岩 遠藤/中野/坂口 遠)他には1パーティ(ザック背負ってアイゼン)のみ/2本登った/一般ルートと左/おっかない
中)アイゼンは付けず楽しんだ
坂)フラットソールでも辛そうな所を遠藤さんは手袋・アイゼンで見事に!/私はアイゼンだけで/少し引き上げてもらった/段々調子が出て来て、先日大西さんに引き上げてもらった所を自力で登れた
11/27 河又 三堀信/三堀め 信)山行を届け出ねばならないことすら忘れていた/イヤーイヤールートがレッドポイントでようやく登れた/モスグレイハンド(11c)はグレードが違う感じでだめ
11/27 高川山 安藤
11/26〜27 城山南壁 北島/河本/渡邊/中野/大前 北)城山初めて/渡邊氏が詳しい/バトルランナー大きい/西南カンテ景色良い/次回はでかい岩の真ん中を登りたい/旅館安く快適・アプローチ短い
河)あぶみで登った記憶しかない/今は整備されている/日があたるので冬は良い/グレードはかなり上
渡)4回目/てっぺんまで行ったのは初めて/岩の全体像がよく分かりフィールドの大きさを感じた/秋から冬は最高/2食付きで6,300円/幕岩より空いているが落石は少し怖い/上級ルートもいくらでもある
11/26〜27 幕岩 山想酔人 他 大)12〜13で指導員講習会:(基本レスキューを再確認しましょう、とのことで)新しい技術はないが、アンカーで試してみたいものあり/親指クラスの枝をまとめてつなぎ、流動分散で1tまでも持つ−デッドマンの技術は要らない/ワイヤーの縛り方---ブーリンの変形/レスキューで使うとどんなにテンションがかかってもほどける/ロープにかかったマッシャーに大きいテンションを掛けると、マッシャーでなくロープが切れる(マッシャーが融けて一本化)
11/24 御岳ボルダー 三堀信 他 信)行ったら知っている人がいただけ/バイクで10分(どこのクライミングのエリアにもこんな時間で行けるなんて、一体どんな所に住んでいるのだ!)/忍者返しの岩場(I級)に触ってみたが段々分かってくると、一手一手伸びてくる
11/23 幕岩 渡邊 他
11/23 広沢寺 北島/安藤/中村/大前 北)安藤さんのアイゼントレの要望で/正面壁で/上まで行けたのは大前さんのみ/終了後おいしいラーメン 中)広沢寺は初めて/面白かった
11/23 涅槃岩 三堀め 他 め)ランナウトで知り合った人/自転車で1時間/4時間ぐらいいた/クライミングより自転車で行って帰ったことに充実感(峠越えは初めて)
11/21 河又 三堀信/三堀め 信)車で20分で意外に近い/11a狙いだがだめだった
11/20 越沢バットレス 山想酔人 他
11/20 三室山 三堀信/三堀め 信)家の裏山/650m程度/2時間程度の軽いトレーニング/家の近くには色々のボルダーの名所−「ミニハーフドーム」や橋の下等
11/20 子持山 中村 中)群馬の山/紅葉はいまいち/岩っぽい山で梯子もあり
11/19〜20 富士山 遠藤 遠)練習なので下から-国道沿いの浅間神社から(下に駐車場がなかった)/2,900mで泊まったがそこまでは運動靴/シュラフカバーだけだが多少は眠れた/夜明けと同時に頂上目指す/3,500mで頭が少しクラクラ/頂上は風強くお鉢巡りやめ/一週間ぐらい足腰がパンプしていた
11/14 幕岩 渡邊 他
11/13 二子山中央稜 大前/中野 中)天気良く楽しかった/前にも後にもパーティで渋滞気味だが、暖かく良かった/つるべ/後のガイド組は何と客が先に登り、半マストでガイドと客の2人を確保して登らせていた/それもマルチピッチ初めての人
11/13 山伏岳 岸山
11/13 有間山 足立 足)3回続けてこのエリアの紅葉山行/ただし山はほとんど終わりで、麓の有間ダム周辺が見頃だった
11/13 二子山 遠藤 他 遠)初めて/車で近い/ほこらエリアで一本も登れず悔しい/弓状も登れる所がない/皆かぶっていて悪いホールド/ノースマウンテン(12a)が人気/日当たりまあまあで寒くはない
11/12〜18 タイ・プラナン 三堀信/三堀め め)うって変わったリゾート/暑い/南の島など行ったことがないので驚き/登っているのは、ヨーロッパ人がやたらに多い/現地人はガイド/オンサイトグレードは10b、10cぐらいまで/日本の山に行けなくなる寒い頃の方がお得/物価安いのでロッジで長期滞在すればいい
三)石灰岩/垂直以上のラインしかない/ケミカルが埋め込まれていて安全/雨が降ってもハングしているので濡れない・たとえ濡れてもすぐ乾く/ガバ多い/10、11のルートが多く13は少ない
プラナン情報
10/25-11/2 アンナプルナBC 三堀信/三堀め め)9年前に行ったことのある信さんに連れて行ってもらった/ネパールにはカルチャーショック(衛生等)―トイレ(狭いのに壁にシャワー・水浸し・手で拭く)、無秩序さ/富士山以上に高い所に行ったことがなく、4,130mに行けたのが、とっておきの出来事/普通の家庭は和式トイレみたいなのがあって水がバケツに入れてある…/道端の牛糞
信)今年のヒマラヤは天気が悪く、この時期に雪があった
11/9 高尾〜景信山 中村  中)明日は天気というので急遽実行-足を伸ばして景信山まで/同年配の登山者が大勢
11/5〜6 木曾駒ヶ岳 山想酔人 他
<都岳連講師>
 大)トレッキング講習/半袖で上がった/6日の朝は素晴らしい朝焼け-深い燃えるような赤で見たこともないほど/風が強い所以外は5cm程度の積雪/高速のSAでもらえる地図はスグレモノで、山名の同定にとても役立った
11/5〜6 小川山 遠藤 他
11/5 瑞牆山・大ヤスリ岩ハイピークルート 北島/大前/中野  大)天気良く岩も暖かで快適/トイレの近くにテント/やりたい放題で色々な意味で快適(電気付き)
 中)瑞牆初めて/取り付きまではハイカーと一緒/全部で3ピッチ-あぶみも練習/久々でこわく、シュリンゲをつかんだりして登った/人工の練習必要/次回はリードしてみたい
 北)最後は大ヤスリで人工-微妙に遠い/スカイフックを落として回収できずショック-いつも拾うばかりなので落とすなんて/チョンボ棒(磁石のやつ)はしっかりしたものが必要/これも百名山/景色良く満足
11/5 大平山・自転車 足立  足)本当は悪名高い天目山林道を走るのが目的で、そこから登れる山と言うことで大平山に/七跳山から北に派生した山だが大きく立派/天国(数年ぶりの素晴らしい紅葉)と地獄(延々と続く登り−自転車で未舗装の標高差1200mなんて初めて)を味わった/林道上の、落ち葉に埋もれた岩に激突3回で、ピカピカの自転車が傷だらけ/下り16kmは楽しめた。
11/5 幕岩 渡邊 他1  渡)シンデレラフェースで転落事故-足首骨折で骨が露出/搬送して下に降ろすのが大変そう/ピンを一つはずして7-8m落ちたみたい/皆さん気を付けましょう/アリババ、正面壁
11/3 大持山 足立  足)実は帰りの林道の紅葉がお目当てで山での紅葉はあまり期待していなかったが、まあまあの美しさで良かった/天気が良く奥武蔵は人人人/途中で日が陰り写真は撮れなくなった
11/3 両神山金山沢右俣左沢左俣 宇田/北島  宇)天気悪いので3日のみ/八丁トンネル〜金山沢/落ち葉が落ちていて沢が一番怖い時期/8:00出発/濡れた部分の落ち葉が半端でなく滑る/トップは落ち葉を足でかき分けながら進んだ/左沢の方が面白い/全部ナメ/滝は流れが少ししかなくヌルヌル/苔を落とし落ち葉を掻いて/西岳のあたりに出て八丁峠へ下りる/この時期は落ち葉を払う道具が必要-たわしとデッキブラシが最適か
 北)水流少なく落ち葉が多い/ロープを出すほどではないのだが、滑ってこわい/紅葉をそれなりに味わえた/両神山はそう言えば百名山
10/30 鷹取山 山想酔人 他
<レスキュー研修>
 大)ともさん元気だった-忙しいとのこと/堤さんの本の挿絵を描いている中尾さんが講師-7〜8人/引き上げ・ガイド用レスキュー研修、復習/鷹取があれほど広いとは思わなかった-小学校から上がった方にも岩場/商店街の店は17:00からしか開かないので、帰りに一杯やりたい人はそれまで頑張ること
10/29〜30 小金沢連嶺 中村 他4 中)以前は大菩薩から上がったが今回は笹子から/天気崩れたので湯ノ沢の小屋で一泊/水もあり立派なバイオトイレあり/牛奥の雁ケ腹摺〜石丸峠で右に曲がって牛ノ寝を経て小菅に下りた/牛ノ寝には自転車がいた/紅葉を見ながら楽しく下りた/2日目も8時間歩いた
10/29〜30 小川山 遠藤 他
10/29 一ノ倉2ルンゼ 河本/北島 河)車が一ノ倉まで入れないので駐車場の上で仮眠/他には誰もいなかった/テールリッジに行く道で間違った/巻き道を行かず沢通しに登った(水少ない)/本谷バンドを降りるのにロープを使用/2ルンゼはどこでも行けるようで実は意外にない-事故が多いのが分かる/ザッテルは良い所で、紅葉が錦絵のようだった/Bルンゼは適当にルートを選んで行くという感じでルートファインディング難しい/最後は泥のルンゼ-ぐらぐらのハーケンを見つけてそちらへ/西黒を下ったが暗くなってしまい、岩場が多くてルートを見つけるのが困難/北島さんが歩けなくなったりし、やっとのことで駐車場へ/Bルンゼ上部で北島氏が指に激痛-凍傷?/国境稜線ルートは大変という印象
 北)クラシックルートで登ってみたいと思っていた/Bルンゼは非常に悪く泥壁+雨/下山時にばてて迷惑を掛けてしまった/ザッテルの景色は噂通り素晴らしいが、総合的に見て3級下というのはどうかな(もう少し難しい)と思う
10/25ー11/3 アンナプルナBCトレッキング 三堀信/三堀め
10/26 伊豆が岳・子の権現 中村他3(岩瀬夫妻他) 中)岩瀬さんと「山に行きましょう!」と行っていたのがようやく実現/スタートは正丸駅/通行止めのロープを超えて鎖場へ/岩瀬さんに担ぎ上げてもらった餃子をサカナにビール/子の権現を超えて吾野へ/雨にはまともには遭わずに済んだ/ヒノキ林は密生していて暗く、一人で歩くと怖い/コースタイムは5時間/最後の一人は全くの初心者で大変そうだった
10/23 裏妙義・丁須ノ頭 大前/宇田/坂口/中野 宇)土曜の到着時は雨で、表は雨がひどいので裏へ回った−車の中で宴会(国民宿舎の横)/翌日は12時頃まで豚シャブを食べていた/12時過ぎに宴会を解散して登り出す/丁須ノ頭までの中間部で道を間違え一本隣の沢をたどる/壁に突き当たり、巨大なスズメバチの巣にびびりながら登った/丁須ノ頭では大前・中野組だけちゃんと登攀/他は酒が入っているのでとてもそんな気には/丁須ノ頭はチェーンにランニングを通して登るか/IIIの上位?/15時には下る/帰りは渋滞で遅くなった/紅葉は部分的にあった程度だが、ナナカマドが実だけ残して枯れていた
10/22〜23 大町レスキュー検定 山想酔人 他
10/22 蓬峠 遠藤/安藤 遠)計画変更/下では天気が良かったが、森林限界からガスり雨にも降られた/峠でもガスガス/峠から七ツ小屋山まで行った(40分程かかる)/常に群馬側から風が吹いてガスになる/紅葉もきれいではなかった-色が変わる前に枯れていた/下りもゆっくり下った/冬道と夏道が違うことが分かった/下りに温泉へ行き、食事をしてもまだ4時のゆったり山行
10/20〜21 アサヨ峰 ・早川尾根 河本/中村 河)山屋なら、一度は行くべしの有名な所なのに、行ってなかった/凄く天気良い/北沢峠〜仙水峠から右の方へ/全ての山が見える/早川小屋は、10月10日で閉鎖−テント泊/他に2人来た(夜叉神から8時間かけて)/翌日は広河原峠〜白鳳峠〜広河原/道があまり良くない/芦安温泉に寄った/もっと行っても良い所ではないか/夜叉神に車をデポしておくのも良いか(鳳凰三山を回ってくる)
中)やっぱり行ったことがなかった/山々がよく見え(北ア、富士までも)素晴らしい/紅葉には少し早い/下りはちょっときつい(白鳳峠からの下りが悪い)/上は紅葉していたが、下の紅葉がまだなのか、枯れたのかよく分からない/北岳が(頭だけではなく)あれほど全部見えたのは初めて/小屋はトイレが自然の水洗(どこに流れていくかは不明?)
10/15〜16 三ツ峠 山想酔人 他 都岳連
10/12 御岳ボルダー 三堀め 他2 め)新居から自転車で15分で行ける/ランナウト仲間に誘われて/谷川の草付きで必死につかんだ挙げ句の筋肉痛・その上久々のクライミングで心配したが/宿題が出来たので頑張る/ボルダーマットが欲しい!
10/8〜10 谷川岳 山想酔人 他9 中央カンテ−途中から降りた
10/8〜10 谷川岳 北島/大前/坂口/中野/安藤
(10のみ)三堀め/渡邊
渡)車では初めダイレクトカンテと2ルンゼと言っていたが…/結局5人で、幽の沢・中央ルンゼへ/4時出/6時出合
め)沢靴なしで登山靴/幽の沢アプローチはこれほどの沢登りだったっけ?/逆層滑滝で苦戦などタイムロス、大滝手前で引き返し/小雨降り続きで翌日の見込みもないので東京に帰った
10/8〜9 越後中ノ岳-丹後山 遠藤 遠)山域が好きなので/天気が悪く頂上小屋には中高年8人 / ボロボロのかっこうをしていたせいか?、飲ませてもらえた/水場遠い/コップ忘れて水場で苦労した/翌日はガスでなかなか景色見えず・でも一時見えて良かった/丹後山の頂上小屋はベースキャンプにするのによいか
10/2 谷川 ・ 一ノ倉南陵 柳瀬 他1
10/1〜2 三ツ峠 山想酔人 他(都岳連)
10/1〜2 谷川・ヒツゴー沢 宇田/坂口/中野
10/1 苗場山 安藤 他7
9/24〜25 大源太? 敗退 宇田/北島 北)そもそも取り付きがわからず敗退/宇田さんが凄いマグロに
9/24〜25 つづら岩 山想酔人 他 大)都岳連/半分雨/雨のためロッジ泊まり/40人で一棟4万円/飯付きで2,500円/奥に本当の神ノ戸岩がある-結構ボルダリングの跡がある
9/18〜19 錫杖岳 見張り塔からずっと 三堀/遠藤 三)エッセイ書きました/傾斜のない歩きが長かったような気もする/迷いながら登ってもルートははずさなかった(どこを登っても同じ所に行き着く)/ナチプロは跡が残らないので、初めて行った人も後の人も条件は同じ/山頂の眺めよい/下りは楽しい-あそこが登れそう、いやこちらが面白そうなどと/だれか来年行きましょう 
 新山行報告
9/17〜19 奥穂〜西穂 坂口 他1 坂)夜行バスで行き穂高山荘泊/それほど難しくはなかった/奥穂〜西穂間は9時間-順番待ち有りだが/帰宅できる時間だったが、西穂山荘にもう1泊
9/17〜19 滝谷ドーム中央稜 北島/渡邊 北)いつかは滝谷と思っていた/初日は集合が遅くなり涸沢/翌日中央稜1本のみ/思ったより簡単/翌日は幸いにも雨で朝一番ビール、おでん
渡)1ピッチ目は難しかった/三堀さんにあぶみ要らないと言われていたのでやめた/しかしホールドが見つからない/超A0/後は易しかった/もろい/涸沢には場違いの人?がたくさん 新山行報告
9/17〜19 北岳バットレス下部フランケ〜Dガリー奥壁 大前/中野 大)二俣で4尾根隊と無線がつながった/テント場が混んでいたので3時半出発、5時には取り付きなのに渋滞の連続、石も落ちてくるし/Dガリーはまあまあ普通に登れた/最後のバスが16時半なので18日の夜も泊まった
9/17〜18 三ツ峠 山想酔人 他 大)大森さん手伝い/一般ルート左であぶみの練習が出来るところがあった(フレーク)/悪い虫はいなかった/小屋の飯はまあまあです
9/17〜18 北岳 中村
9/17〜18 北岳バットレス第4尾根 宇田/河本/安藤 河)4人用のテントを持って行ったのに、中村さんは前の日に沢登りで疲れてやめ/天幕を持って上で待っててとお願い/4尾根取り付きは13時半/上では暗くなってしまいテント見つからず(20時であまり騒ぐわけにも行かず)小屋に素泊まり/翌朝中村さんとテント場の少し下側で対面/うまく登れたので良かった
9/10〜14 山想酔人 他
9/10〜11 錫杖 渡邊/北島/大前/中野 他1 北)渡邊さんの知り合いの希望で/10日は左方カンテに/渡邊-北島-他・大前-中野でグループ分け/天気良く快適/下降に使った注文の〜が良いので渡邊さんが登りたそう-誰かお付き合いを!/11日は雨でそのまま帰宅/残置キャメロット4番?があったが取れなかった
渡)錫杖沢のテント多い/大前氏はほぼ完全に治った/よかった/5人とも完全にフリー(?)
9/3〜4 小川山ザイル祭 三堀め/中村/坂口/大前/中野/北島/宇田/岸山/山想酔人/村野+2/浅尾/遠藤/安藤 他2
4のみ 渡邊/三堀信
食材を持ってきたり完成品を持ってきたりマチマチ/余ってしまった-来年はもっと計画的にしよう
8/27〜28 小川山 渡邊/北島 北)小川山ストーリーとストリート(がまスラブ以外は初めて)、トムと一緒/食材多すぎ朝から焼き肉で楽しい
渡)2日とも良い天気/西さんもいました
8/27 つづら岩 柳瀬 他
8/27 涅槃 三堀め/遠藤 め)忘れた/11Aを躍起になって登ったが二人ともだめ/岩はビショビショながら人は多い
8/23〜25 槍ヶ岳 三堀信 他31 三)おじさま・おばさま達をお連れして/1人を除いて全員に登っていただいた/上ではガスが切れたり出たり/名前は分からないが花が美しい/槍沢ロッジ泊(時間に厳しくてあまり良い感じしない)/生ビール3時まで/参加費4.6万?/報酬は秘密
8/21 奥秩父笛吹川東沢ヌク沢 宇田、中村、三堀め、遠藤 め)久々に沢に行きたかったのでシメシメ/東京は暑かった-沢は寒くて環境が違うことを実感/天気良ければ楽しかっただろうに
宇)以前より堰堤増えた/でも楽しい滝も/大滝のある左又右沢以外もそれなりに面白いはず/大滝は天気悪いと難しい/左側を登った/10時間ぐらいはかかるので早く出るしかない
中)曇りから途中雨/濡れると寒く震えも/明るい内に降りられて良かった
遠)前回大滝をリードできなかったので、今回は出来て良かった/傾斜も緩く感じた(でも逃げたかった)/朝6時出発で5時半下山なので、計算通り
8/20-21 錫杖岳前衛壁左方カンテ 山想酔人、他(大森G) 山)涼しくて雨降ったり止んだり/9名/最後のピッチは登らず/ヘッドランプ下降、帰宅は12時/確保支点がしっかりしていた/オールフリー登攀
8/19 甲武信岳・三宝山 足立 足)来年のヨーロッパに備えた準備の第1弾/念願の三宝山をようやく終了
8/18 小川山 三堀信、め め)今シーズン初めての小川山/11aを登って良かったな
8/14-17 剱岳源次郎尾根 山想酔人、他5(大森G) 山)合宿とはルートがかなり異なる?/末端から上がった/人が少ない/稜線経由で剣山荘/ガイド検定の準備/上半は楽しい/源次郎から八峰に5月に行きたい/剣山荘は快適
8/14 権現堂山 遠藤 遠)小出あたりからラクダのこぶみたいに目立つ山/木が低くて見晴らしがよい/下りでタダで「おもてなし」
8/12-17 虎毛山塊赤湯又(虎毛沢敗退) 渡邊、他 渡)1,500m程度だが、沢屋には有名/3日目にようやく核心/一昨年は敗退/赤湯又を詰めて虎毛沢へ-天然の湯船あり/またもや雨で赤湯又を戻り敗退
8/7-10 甲斐駒ヶ岳赤石沢奥壁 村野、三堀め、三堀信、遠藤 8日Aフランケ赤蜘蛛、9日奥壁左ルンゼ(敗退)→中央稜
新山行報告
8/6-12 剱岳 (6-10)河本、中村、北島
(6-12)宇田、渡邊、坂口
7日 熊の岩BC六峰Cフェース剣稜会:河本/渡邊
8日Cフェース剣稜会:河本/坂口・宇田/中村
  A魚津高:渡邊/北島
9日チンネ左稜線:河本/坂口・北島/渡邊
  A魚津高:宇田/中村
10日 剱沢へ移動:(河本/中村/北島:下山)
11日 源次郎尾根:宇田/渡邊/坂口
新山行報告
8/6-8 剱岳 安藤
8/6 越沢バットレス 山想酔人、他(大森G) 山)3ピッチを2本
8/5 奥秩父笛吹川東沢釜の沢東沢 大前、中野 痛風リハビリ山行
8/3 日和田山 三堀信、め 信)5時過ぎに出てエイドの練習-仕事なのに/8時半過ぎには上がり/凄い湿気で濡れ濡れ/ストッパーを使ったら岩が欠けて…
7/30-31 谷川岳東尾根 山想酔人、他 大)大森ガイドと客10名/雪なしの東尾根は初めて?-よく分からない/北鎌を小さくしたみたいなもの/古典的なルート/オキの耳の横に出るのでそこにいた人に大人気
7/31 瑞牆山 宇田、安藤 宇)合宿前のトレーニング/岩を眺めるには良いところ/暑くはなかった/十一面側にはたくさんテントあったが皆キャンパー、ハイカー
7/30-8/3 穂高涸沢BC 村野一家 今年も奥穂に登頂
7/30 谷川一ノ倉南稜フランケ 遠藤、北島 遠)全体にピンが少ない/でも緊張せずに登れた/乾いていて落石もあまり心配ない/1、2ピッチ目が逆層/Vまでの感じ(V+とまでは感じなかった)/カムを使うところなし/3ピッチ目はラインが2つある感じ/微妙にライン取りしないと「はまる」かも
北)2ピッチ目辛い/ランナーなかったのでA0使えなかった/高度感あって楽しい/3時間半/終了まで天気も持ったし良い登攀
7/28-29 北岳バットレス-下部フランケ〜Dガリー奥壁 三堀信、め 新山行報告
7/23-24 レスキュー講習・都岳連 北島 幕岩にて
7/23-24 北岳バットレスDガリー 河本、宇田、渡邊 河)せっかく取った土日の休みなのに最初から雨/中止する気にならずずるずると/ハングではあぶみを使ってやっとこさ/フレンズないので戻ったが、そのまま行っていれば壁でビバークか/消化不良/帰りに足ひねった/芦安に無料駐車場-5:10頃バス1000円/夜叉神からだと座れない
7/18 有間山自転車 足立 足)暑いのと自転車担ぎでヘトヘト/転倒で自転車に傷が入り降参
7/17 白山 安藤 他
7/17 つづら岩 村野、三堀め 噂)エイドのナチプロの練習/6ピッチぐらいで下りてきた/やってなくてもできる村野さんは凄い
7/16-18 巻機登川 宇田、北島 宇)何もせず釣りばかり/でも釣れない/雪渓が残っていて登れない
7/16-18 秋田虎毛山塊・荒尾川支流保呂内沢西ノ俣沢遡行・本流下降 渡邊、他3 渡)きれいでお勧め/途中2泊しないと辛い/上流では魚が良く釣れる/煙草は吸わなかった!
 新山行報告
7/16-18 有笠山フリー 遠藤、他
7/14-20 ツールデュモンブラン 中村、他9 中)ドリュ見られるので参加/ヨーロッパは北アに似ている感じ/花がたくさん/標識が付いていてなだらか、歩きやすい/木がないので行き先が見えるが延々と歩かねばならない/小屋のトイレが美しい・シャワーもある/ほとんど良い天気の日ばかり
7/10 守門岳 宇田、坂口 坂)最初降られたが下山の時は晴れていた/ヒメサユリはまだ気配もなし/低山なのに急登が続き疲れた
7/10 奥多摩逆川 北島、渡邊 北)3時間半ぐらい/百尋の滝の林道が通行止めでかなり歩かされた
渡)まさかの2日目の行動が可能になり嬉しかった
7/9 越沢バットレス 山想酔人、北島、渡邊、柳瀬 大)2スラ・鋸/渡邊さんが合流ししばらくして雨
北)濡れていた/2スラのリードやる気にならず/鋸は高度感あり
7/3 丹沢小川谷廊下 渡邊、遠藤、北島、宇田、坂口、中村、菊地 渡)何回も来ている人が多いのに、誰もルートを憶えていない/暑い日に行くと良い/丹沢湖のほとりの「ウッディランド玄倉」は良かった/快適で宴会しすぎ、翌日はアウト
遠)丹沢にしてはきれいな沢/菊地氏がはしゃいでいて笑えた/みんなで楽しく行くには良い沢/最後の滝を登るのは難しい
北)小振りながらきれいなゴルジュも/きっくんが満面の笑顔で飛び込んでいた(水中めがね持参)
坂)濡れるのが嫌いだったのに楽しかった/ロープがタイミング良く出てきて嬉しかった
7/2-3 小川山 山想酔人、他 大森Gフリー
6/25-26 三ツ峠 山想酔人 都岳連
6/25-26 錫杖 北島、他(25-26)
渡邊、中村(26-27)
北)都岳連の人と-25左方カンテ/快適/26は下で待機/渡邊さんは都岳連の人と一ルンゼ/左方カンテはかなりフリーに近く登れた。
渡)槍見温泉から2時間掛けて到着/暗くなって北島さんが道を間違えたのを、ヘッドランプと無線機でうまく誘導/9時到着で遅くまで騒いでいたら叱られた/6ピッチ目核心を終わったところで懸垂。下降/27は雨のため1ピッチ目で終わり/新平湯温泉が良かった
6/26 鍋割山 宇田、安藤 ボッカ訓練のはずが。
6/25-26 岩菅山 坂口 他 坂)ネマガリタケのタケノコがたくさんあった/虫の大攻撃を受け、やっぱりスキーに行くべき所かなと感じた
6/18-19 天狗岩救助訓練 山想酔人、河本、中村、宇田、遠藤、大前、安藤、北島、とも、三堀信、め、中野、渡邊、菊地
18のみ:足立 19のみ:村野
タイヤ落とし〜自己脱出、自己吊り上げ、介添懸垂、引き上げ1/3、1/5、結び目通過、張り込み降ろし、ボルト打ちなど
6/12-15 ペルー・ブランカ山群
サンタクルス谷
石川、他 石)美しい5000m級の氷河が見えるトレッキングルート(アルパマヨ等見える)
6/12 谷川岳一ノ倉沢南稜 渡邊、他
6/11 東吾野の岩場 遠藤、安藤 遠)雨が降っていたのでトップロープ主体で登った/午後は乾いたのでフリーっぽい岩場を登った
6/6 丹沢畦ガ丸 足立、三輪 足)新緑美しいが展望はなし/三輪さんは久々なのになかなかのハイペース
6/5 ペルー インカトレール 石川、他 石)マチュピチュに行く途中で下りて一日歩いた/なだらか/遺跡が多く見え良かった
6/4-5 南会津・三岩岳 宇田、坂口 坂)雪の白とブナの新緑が美しい/夜中に大雨/ネマガリタケをスーパーで買って行ったのがうまかった
宇)登り3時間半。下り2時間半。新道から入り、橋が撤去されていたため、高巻からスノーブリッジを渡り旧道に合流。小雨のうちに避難小屋ヘ。夜は雷雨。朝も雨で頂上は踏まず。山王ワサビ園のワサビの茎、葉、井桁屋の高原豆腐を購入して避難小屋で食べた。今回ゴム長で行ったが足の裏が冷たく断熱用中敷が必要。スキーはコースの半分は滑れる。残雪が多い。
6/4-5 小川山 遠藤、他 天候はもって結構登れた。
5/30 神戸岩 三堀め 他1 めは5.11bフラッシング
5/28-29 谷川岳一ノ倉中央カンテ 山想酔人 他5 大森Gのパーティー。まだ浮石、砂利など多い。
5/28-29 三ツ峠 三堀め、渡邊、中野、坂口、菊地
(28)中村、宇田、大前、北島、石川
(29)村野、三堀信、遠藤、足立、安藤
村)結構充実/巨人ルート〜セストグラディストが好印象/三堀氏は巨人フリートライも上でだめ/セストは遠藤氏がリード/午後は坂口さんと観音〜サンドイッチ
坂)1日目は楽しくリーダーズピッチ/観音では最初を引き上げてもらってから登った
菊)両日とも色々教えてもらった/山の上り下りに付いていけなかった
北)病み上がりで辛かった/4段ハングと逆Vの1ピッチのみ/地蔵の右?
中)初めて一番上まで行った−リーダーズピッチ/花がきれいで良かった
足)駐車場でブヨ−長径7cmの腫れで腕が変形
5/26 河又 三堀信、め 三)さらに0.5グレードアップ。ようやく11が見えてきたか。
5/23 湯河原幕岩 山想酔人、他10(大森G)
5/23 涅槃岩 三堀信、め 三)昼頃まで/0.5グレードアップ/7回目のトライで登った
5/22 谷川岳一ノ倉沢南稜 村野、渡邊、坂口、安藤 村)21夜に1時間歩いて出合/5時出/出合は雪が壁になっていて直接入れない・テールリッジまで20分/本谷のブロック雪崩が南陵の2ピッチ目まで上がってくる様な状況/南陵は3パーティ程度/10年ぶりに登ってやはり易しいという印象/安藤・坂口合格点/下山は1時ぐらい(待ち多い)
渡)安藤・坂口ガッチリで、安定したパーティ/落石多い
坂)チムニーが難しい/最後の垂壁ではA0使ってしまった/ロープワーク要練習
5/22 越沢バットレス 大前、中野 中)鋸ルート。雨降りそうで撤収し、河又へ向かうも結局雨。
5/21 燧ヶ岳 宇田、中村 宇)今週は滑り-登山者の3分の2はスキー/いつものゴールデンウィーク並みの積雪/中村さんも速く3時間弱で頂上/板が真っ黒になるぐらいの雪/下りも1時間40分で速い
5/16 河又 三堀め、他
5/14-15 奥多摩つづら岩 遠藤、安藤、(14のみ)山想酔人、(15のみ)三堀信 大)全て遠藤トップ/4本/選んで登れば全てV級で行ける
三)こちらは単独登攀のトライ/沢などで使えるか/2ピッチ登ったぐらい
5/14 会津駒ガ岳 宇田、坂口 宇)スタート遅かったが3時間かからずに頂上到着/残雪多くまだまだ滑れる
坂)麓は新緑で上は雪-前夜の降雪で美しい/駆け下りて楽しかった
5/11-15 涸沢BC−奥穂/前穂北尾根 河本、中村、岸山(12〜) 河)11日涸沢テントは我々1張りのみ/12日、奥穂はホワイトアウトで下山に手間取る/翌日は積雪のため56のコルまでトレースを付けに行く/14日、岸山さんと北尾根-ヘッドランプで出たが頂上は1時/岩はツルベの交替/下山は吊り尾根の最低鞍部から降りる-雪の状況を確かめてから全てビレーしながら-6ピッチぐらいか/テント場5時ぐらい着
5/11 河又 三堀め、他2 め)こちらの宿題は出来ました-11D/色々アドバイスをもらい、また考えた/フリーも考えることがたくさんある/河又は今良いコンディション
5/10 涅槃岩 三堀め、他1 め)西さんの気持ちがよく分かった-休みのたびにフリーをしたくなる/宿題があったが片づかず
5/7-8 白馬岳主稜 宇田、北島、渡邊 宇)現地は雨で、止んでから白馬尻にテント/5時出発/ステップがあって楽/暑い/ボロボロの岩が出てくると怖い/支点が良くない
北)もっと雪のある時にもう一度行きたい/雪が融けかかっていてイヤ
渡)最初から最後までステップが付いていて...
5/5 河又 三堀め、三堀信、他2 め)佐藤さん、篠原さんと一緒に
5/4 涅槃岩 三堀め、他 め)鱒釣り場が凄いにぎわい
5/4 鷹ノ巣山 中村
5/3-5 鹿島槍ヶ岳東尾根 山想酔人、他5 大)大森さんガイドの山行で6名(客4名)/一ノ沢にテントを張りピストンだが時間切れ/アラ沢の頭で引き返し
5/3-5 奥穂高岳
ジャンダルム飛騨尾根
大前、北島、中野 北)4日5時出発、12時過ぎに到着-ほぼルート図通り登った/天気良く充実感あり
5/3-4 奥穂高岳
ジャンダルム飛騨尾根
三堀信、他1 report(三)
5/2-3 小川山 遠藤、渡邊 渡)2日は父岩と兄岩、3日はガマスラブ
5/1-4 涸沢BC 宇田、坂口、安藤 宇)急遽岳沢から変更/実質5時間位で登れた/凄い雨/本体を濡らさずうまくテントが張れた/最初は奥穂/6時頃出て午前中には到着/ロープを付けることもなく下降/翌日は北尾根だが5峰の登りからてこずる/4峰も嫌な感じで難しいところをたどってしまう/3-4のコルから下降
4/30 河又 三堀め 他 め)フリー三昧
4/29-5/1 丸山東壁
左岩稜、登研ルート
遠藤、渡邊 渡)夜の雨が上がり翌日は晴れ/30は左岩稜-雪が多く残っていた/下は快適だったが上は悪い/翌日は登研-上の方に見えていたのはやはり雪で逃げて帰った/1ピッチ目の半分ぐらいまではまだ雪に埋まっていた/支点抜けたり腐っていたりでずっと人が登っていない?
4/29-30 白馬岳主稜 大前 他1
4/24 越沢バットレス 三堀め、信、遠藤、渡邊 渡)2スラ/学大後輩がいたので先輩として声を掛けびびらせておいた/一スラ等
め)右側のV級ルート/信は一日13ピッチ目指して頑張っていたが、伸ばして登ったので結局12ピッチ。
4/23-24 鋸岳 大前、中野 大)天気良く無風/快適/帰りのガレ場が足に来た/車に着いた時にはもう暗い/痛風はもう大丈夫/熊の穴も角兵衛も雪がない
中)限界を見た/バイルを置いてきてしまった/今度は自分の!/ガレ場はもう1年ぐらい歩きたくない/テント場までは楽しかった/他に誰もいない
4/23-24 西穂高岳 北島、坂口 坂)手袋とアイゼンをして初めて長い岩稜の登りに行った/ジャンダルムもよく見えて良かった/最後はヘロヘロ/北島さんにおんぶにだっこ
北)最後はロープ張ったが一応念のためのみ/往復で6時間なので良いのでは/信じられないくらい良い天気
4/19 河又 三堀め、遠藤 他5
4/18 乾徳山 三堀信 山頂直下の岩場を楽しみに行く。登り1時間半、下り1時間、走ったけど。
4/17 大岳山 中村 いつものつづら岩経由ルート。もう何度目?
4/16-17 不帰III峰B尾根-敗退 宇田、北島、安藤 北)III峰B峰で行ったが/突風・強風で唐松小屋から下におりテント/またもやポールを曲げた/そのまま下山/景色が良くその点では楽しかった
宇)唐松沢はテントからすぐ下で行けそう/B尾根は下から長い/雪が立っていて大変そう/またいつかは(3日あれば)
4/16-17 荒沢山〜足拍子岳 大前、中野 中)楽しかった/なるべくロープを出してもらい、色々教えてもらった/荒沢ではキノコ雪にアックスで挑戦した/沢を降りたら雪が無くなり、水が出てグチャグチャに/アイゼンが片方なくなっていた…
4/16 鷹ノ巣山 足立、坂口 坂)取材山行でじっくり見ながら歩くと色々な花が見れて良い
4/16 黒山聖人岩 三堀め、遠藤 他2 遠藤が結構登れていた。め11bをRP。このまま突っ走られていいのか!
4/9-10 湯河原幕岩 北島、安藤、渡邊、岸山(土のみ) 北)初日はシンデレラフェース→ハイランド/2日目はなぜか頭が痛くて…後の2人は寝ている間にしっかり練習していたらしい
4/10 谷川岳山スキー 宇田、大前、中野 宇)天気良すぎて暑く雪質は最低/ターンできず斜滑降→キックターンばかり/熊穴沢避難小屋から降りる
4/9 守門岳西面スキー 遠藤、足立 遠)上に上がるとルートは明瞭/白一面でなだらか-易しくお勧め/結構良いタイムで降りた
4/8 河又 三堀め、他5
4/2-3 谷川岳 山想酔人 山)2日は天神尾根、3日はマチガ沢出合上で雪上訓練
4/2-3 赤岳東面中央稜Aルンゼ 宇田、渡邊、北島、大前、安藤 宇)真教寺尾根分岐にテント/河原広く中に尾根がたくさんあるので右に左に/Aルンゼからどんどん急になり疲れる/時間の関係で同ルート下降/テント到着は真っ暗になる寸前/軽装ならスキー場から日帰りも可能か
渡)真教寺尾根の右は人の行くところではないと思っていた
北)下から見て近いと思ったが傾斜がきつく時間かかった/45°以上あると思った
3/26-27 谷川レスキュー講習 村野、山想酔人、大前、北島、遠藤、中村、宇田、中野 山)支点構築-スノーバー・デッドマン・袋/袋も「使える」-スーパーのビニール袋は怖いが、小さいトートバッグぐらいなら/コツをつかんでもらえば大丈夫/スタンディングアックスビレー-遠藤さんが主役/ホテル素晴らしい-4200円で2食付。 2日目はスキー、酒、歩きなど色々/もっと大勢来て、技術レベルを合わせないとダメ
3/20 黒姫山スキー 遠藤、足立、安藤 遠)外輪山にアップダウン多く頂上まで行けないかと思ったが、荷物を置いてOK/スキーは快適/ブナ林多く良いルート/最後の林道が長く楽しい
足)木に激突1回、雪面に突き刺さって前転することも1回...楽しんだ
3/19-21 戸隠西岳P1尾根 宇田、北島、渡邊、大前 北)天狗平でテントを張りピストン-でも雪の状態悪い/猿の踊り場で細かい雪崩が起きるなど状況悪く敗退/天狗平は快適で思いっきり宴会/スノーシューが快適
渡)他に1パーティ/熊の遊び場まで行ったが雪崩の危険があったので戻って正解
3/12-13 谷川レスキュー講習 山想酔人
3/6 金峰山廻り目平 宇田
3/6 城ヶ崎 磯川、他
3/5-6 八ヶ岳・大同心雲稜ルート 山想酔人、大前、北島 山)初日宴会/シュラフ借りた/前の日も雪が降ったので傾斜の緩い所はピン探し/昨年よりペッツルが随分打たれていた/冬の壁は毎年違うなという感じ/今年も登りたいな/5時半撤収/みんなよく登ったが、まだまだ色々なところで無駄なロスがある/発展途上で登る良いルートと言えよう
北)フォローだが厳しいと実感/高度感あり/アイゼン登攀の練習を徹底的にしておくべきだったか/まだまだリードは怖くて出来ない印象
3/5-6 八ヶ岳・大同心雲稜ルート 遠藤、渡邊 遠)天気が安定・風も無し/朝少しだけラッセルの後、取り付き/1ピッチ目から苦戦/3P目も難/4P目も草付きに雪が付いて大苦戦/5P目は凍って苦戦/最終Pもパンプした腕には辛い/壁らしい手応えのあるルート
渡)取り付きで暗かったので6時半ぐらいまで待った/山酔さんと3P目上あたりで合流/完全な冬壁で、特に4P目より上は雪が付き大変/遠藤のフォローだったのでルンルン
2/28 富士山 三堀信 厳冬の高度順化山行も、馬返しからの長歩きに調子出ず、5合目付近はかなりのラッセルで、結局3000mまでで引き返す。順化できてない。
2/27 上州武尊山荒砥沢スキー 宇田、安藤 宇)大勢来ていたが林道まで下降したのは2パーティのみ。土日でかなりの降雪があり、気温も低いため軽い雪の新雪滑走を満喫
安)沢山のアドバイスが大変役にたち、山スキー暦二年なのに初めて聞いたテクニックには驚かされた。
2/27 涅槃岩(天王岩) 三堀信、め 昼過ぎからフリー。が気温が低く手が冷えてとても登れない。
2/26-27 足尾溪谷松木沢黒沢 大前、北島、渡邊、中野(26のみ) 26は黒沢でアイス、27は橋脚アイス
中)楽しい!難しい!指寒い!また行きたい
大)焼き餃子、水餃子もおいしくて、うたげも充実!でとっても楽しい山行
2/26-27 西穂高岳独標 とも、他12 大森G雪山登山手伝い
2/20 越沢バットレス 遠藤、渡邊 渡)車がダメでアイゼントレーニングに−雨が降っていたのに止めるという話をせずにそのまま始めた
2/19-20 吾妻渓谷不動滝 宇田、大前、北島、安藤 宇)両神に行ったが林道で車はまり登れず-下山して不動滝/雨に降られたが翌朝は晴れ/温度が高く滝は水を噴く状況
北)バイルを打ち込むとボコンボコン−下の方で練習して早々に撤退
2/19-20 谷川岳西黒尾根 山想酔人、他 都岳連講師
2/12-13 日光雲竜渓谷 山想酔人、大前、他 大森G山行
2/11-13 塩見岳 渡邊、他4 渡)足揃っていたが、塩川小屋7時前出発で膝くらいのラッセルが続く-空身で100歩ずつラッセル交代だがしんどい/延々と11時間近くでついに吐き気も/17時回っても三伏峠に着かず塩見は断念/翌日三伏峠に着いて宴会
2/11-13 八ヶ岳天狗尾根〜廻り目平 宇田、北島、柳瀬 北)美しの森からスタート/14時くらいにテント/12日7時出発で12時には終了/核心3箇所でロープ/先行パーティが落ちたので巻いて追越した/何年ぶりかの良い天気/後続3時間ぐらいは来なかった/真教寺尾根は快適/翌日は9〜10時起きで宇田・柳瀬、滝を発見できず終わり
2/10 城ヶ崎 三堀信、め、磯川 信)暑くて半袖でも喉が渇く/場所により波しぶきで濡れてダメ/タイトボーイ10d: まただめ/磯川氏は12a苦戦していた
2/5-6 湯河原幕岩・親睦会 山想酔人、岸山、足立、三輪、浅尾、宇田、北島、大前
、中野、中村、安藤、柳瀬、村野(+2)、坂口、三堀め、松浦、遠藤、三堀信、渡邊
村)オレンヂビラは良いと思った
渡)翌日も遠藤さん、松浦さんが頑張っていた/11を登っていたら
しい
2/4 八ヶ岳ジョーゴ沢 三堀信、め 信)出合からラッセル/F1は3m・F2薄い/目的のナイアガラには登れた/ただし右側でアイスが飛び散り流血
1/29-30 芦安・上荒井沢カモシカルンゼ 宇田、北島、柳瀬、安藤、大前 北)林道崩壊現場からでも30分程度で取付ける/4パーティ20人もいたのでカモシカでトップロープで楽しんだ/翌日は宴会が盛り上がってしまい、あまり登る気にならず、ミザルイワザルキカザルへ-ミックスもやった(大前さんのみ登れた)
1/29 越沢バットレス 遠藤、渡邊 渡) やる気満々の遠藤さんのフォローに徹した/一般ルートと2スラ/一般ルートは登山靴で登り怖い・緊張した
1/29 八ヶ岳阿弥陀岳北稜 藤原
1/25 河又 三堀め、磯川 めは11a、磯は12aをRP。
1/23 八ヶ岳
阿弥陀岳北陵〜南沢小滝
三堀信 6:00赤岳山荘発〜7:35行者小屋7:55〜9:18阿弥陀岳登頂〜10:50南沢小滝
冬山やバリエーションの単独はパーティーを組むのとは違う登山だ。緊張感があって成功すれば大変充実する。中岳沢は上部が雪少なく雪崩の危険は小さい。走って降りる。南沢にアイスで入っている村野隊に合流。小滝で登っているところへ参加、一緒に下山。日帰りだが2本立てで、今シーズンはじめてまともに成功した雪山だった。
1/22-23 北八ヶ岳天狗岳 とも、他12 ICI、ハミックス後援の大森G山行。
1/22-23 八ヶ岳赤岳主稜、南沢小滝 村野、大前、遠藤、柳瀬 村)当初3ルンゼの予定だったが南沢小滝の前にテント/阿弥陀北西稜目指したが取り付きまででラッセルひどく赤岳主稜へ−取り付きから4時間かかった/風強い/翌日は南沢小滝へ(大滝は混雑)
遠)雪が少なく楽に行けるかと思ったが、最初のピッチで苦戦した/先行パーティがおらずライン取りなどの勉強が出来た/冬の赤岳は初めてで嬉しい
柳)主稜は4回目/村野さんのプロテクションの取り方が勉強になった/雲無く爽やか/大滝は「あんなに大きくなるんだー!」/充実
1/22-23 八ヶ岳阿弥陀岳南陵 宇田、北島、安藤、他1 宇)天気悪く山頂には立てず/立場山超えたらもう16時/翌日、核心部下で11時過ぎたのでもう遅くなると思い、同ルート下降/14時に舟山十字路
北)去年のイメージで余裕のつもりだったが/冬山経験できたので良かった
1/20 河又 三堀め、磯川 寒!
1/18 御岳と涅槃岩 磯川 御岳、涅槃岩はしご。移動時間は30分。御岳は成果なし。涅槃は暖かかった。
1/15-16 上州武尊 家の串尾根 宇田、大前 宇)ラッセル深くピークに到達せず−赤布に惑わされ右往左往/避難小屋の中にツェルト/小屋としては良かったが/シールが付かない(粘着力弱い)/下りはシールを取ったがこいでも滑らない
1/10-13 西穂高岳 三堀/三堀め 涸沢岳西尾根の計画が、強い冬型で西穂に変更。それでも丸山までで寒気と強風で引き返す。雪に埋もれつつ西穂山荘前に一泊し下山するが、ロープウェーが強風で動かず、雪崩の危険で歩いて降りることもできず、2日2晩待ちの不毛な時間を過ごす。
1/9 六ツ石山 足立 滝は雪に埋もれて写真にならない/頂上では他の登山者の写真が撮れず、三脚で自分の写真を撮った−疲れた中年の後姿が写っていた
1/9 八ヶ岳中山尾根 渡邊、他 渡)大森さんグループに加わった/天気悪かった/手を暖めながら行った/上部岩壁は難しかった
1/9 八ヶ岳旭岳東稜 宇田、山想酔人、北島、大前、柳瀬、坂口、中野 北)新雪でラッセル/「ラッセル二郎!」/中野さんの凍傷(入院中-1/13退院予定、坂口さんも入院中)と山酔さんの滑落/凍傷がなければ残業込みでも楽しかったのだが/フィックスロープを張ってもらってプルージクで登った
柳)6時出発で17:20に全員登頂(20:20テント帰着)/待ち時間が長かったのも凍傷の原因か
1/8 九鬼山 中村、他 富士山が美しく見える/雪が北側の斜面に残る/ハイカー多い
1/8 八ヶ岳地獄谷本谷カゲ沢 宇田、山想酔人、北島、大前、柳瀬、坂口、中野
1/8 八ヶ岳小同心クラック 遠藤、渡邊 渡)悩みがあることや若者と一緒だったことで、オーバーペース→ばてた/雪を掃除しながら登ったがピンが見当たらない/鉱泉に泊まった
1/4 河又 三堀、三堀め、中野、遠藤 三)ホールドデストロイヤー10bをRP。藤娘10cはもう少し。
1/3-4 城ヶ崎 磯川 こちらは12aを4撃、プラスもう一本はOSにあと一歩。
1/4 御岳山 藤原 奥多摩も北面は結構雪が残っている。暖かい一日だが風は冷たかった。
1/2 山伏岳 岸山
1/1 丹生山・帝釈山 足立 北摂津の毎年登っている山−雪のない区間は自己ベストタイム更新!
   まだまだ捨てたものではない

Back